ヒーラーERIKOのワンダフルライフ

lagrace.exblog.jp
ブログトップ

月光浴

土曜日の夜の空に見えた月があまりにもキレイで、気がついたらベランダで小1時間も立ちっぱなしで眺めていました。
前日は十五夜だったのですが、生憎の雨続き。
だけどこの土曜日の月は本当に輝くようで美しかったです。

(月は私のカメラじゃキレイに撮れません。ま、イメージだけ。これは日曜日の月。)
c0074918_13843100.jpg

月や太陽・・・それ自体にヒーリングの効果があります。
日光浴ならぬ月光浴をすると、創造的エネルギーがチャージされます。





パワーストーン、クリスタルの類も、月や太陽でエネルギーのチャージをします。
それと同じで、太陽や月の光を浴びることは、それだけでもヒーリングになるのです。

私は日頃から月を眺めるのが大好きです。
月を眺めていると、遠い昔、違う時代に、他の場所で同じように月を眺めていた頃を思い出すからです。

月を眺めている時、私は時空を超えて、あらゆる時代にあらゆる場所で、今と同じように月を眺めていた自分を思い出すのです。
それは自分の魂の永遠性を感じる瞬間で、内側にとても安らかなフィーリングを感じることができます。

私は幼い頃、自分が生まれ変わってきたこと、肉体は代わっても自分は消えないこと、つまり魂が永遠であることを覚えていたので、空を眺めていると、それと同じような永遠性や無限大の感覚を味わうことができるので、本当に心が安らぎます。

人生の中でどんなに辛いことがあっても、くたびれる時があっても、こうして月を眺めていると、過去世でも幾つもの困難を乗り越えてきた自分を思い出して、そして、この宇宙は安全で、決して自分を見放しはしないと信じられることができるのです。

その夜も、月を眺めながら涙が溢れてきました。
「月は何度、私をこうやって慰めてくれたんだろう?」そう思いました。
遠い昔、砂漠を旅していた時、遠い昔、愛する人を失って喪失感でいっぱいだった時、遠い昔、原住民として自然と共に生きていた頃、遠い昔愛する人と離れ離れで、互いに離れた場所から月に語りかけていた頃・・・・
私は沢山の異なる人生を送ってきたけれど、いつでも月は同じように、空を見上げればそこに存在したのです。

月は私の中の否定的な想いを浄化してくれ、そして再び生きる力、創造するパワーをチャージしてくれるのです。

自然の力ってすごいなぁ~と改めて思います。
こんなに近くに自分を助けてくれる自然のパワーがいっぱいあるのに、人は皆、日常の雑事に追われ、自分たちが宇宙に守られて生きているという感覚や安心感を忘れてしまう・・・。
文明の発達は素晴らしい反面、私たちから自然との一体感やすべてはひとつで守られているという安心感を奪っているのかもしれない。

私自身、ここ2年の自分を振り返って、仕事のし過ぎだったように思います。
自分を大切にする時間が圧倒的に足りなかったように思います。
いろんな責任、自分が背負うべきではない責任まで背負っていたように思います。
月を眺めている時、ふっと「少し生活を変えてみよう!」という考えが浮かびました。

先月ギリシャ&トルコの旅から帰ってきてからずっとそうなのですが、何かが自分の中で大きく変わったという気がします。
言葉で説明するのが非常に難しいですが、一言で言うならば、違う意識層に入ったような感じです。
今は具体的にどうしたいのかがまとまっていないですが、それはそのうちハッキリしてくると思います。
物事にはタイミングがありますから。
私は今年の終わりに近づいて、ようやく年の初めに自分が掲げた目標「宇宙のリズムと自分を調和させる」に近づいてきたのかなと思います。

「もっとゆったり人生を、この瞬間瞬間を楽しんで生きようよ。」
どうせ、魂は続いてく・・・この人生だけじゃなく、前もあったしこれからも続く・・・
ならば先を急がず、後を振り返らず、今この瞬間だけを存分に味わおうよ・・・

美しい月を眺めながら、そんな想いが押し寄せてきて、すっかりエネルギーがチャージされたのでした。

ありがとう、お月さま。
[PR]
by lagrace | 2006-10-09 01:30 | ライフ