ヒーラーERIKOのワンダフルライフ

lagrace.exblog.jp
ブログトップ

夢の象徴

私は子供の頃から夢を見るのが大好きです。
そして、その夢をよく覚えています。
c0074918_23564493.jpg

いろんな種類の夢を見ますが、そのうちのひとつが予知夢と呼ばれるものです。
ただし私が見る予知夢はごく個人的な事柄に限られます。

これまで見た予知夢の多くは、個人的な知人に関するものでした。
そのうちのひとつは夢の中で私が師に注意される夢なんですが、この類のものはこれまで数回見ていますが、その夢を見てから1週間以内に必ず、現実レベルで私は師に注意されることになります。
その時注意される内容はいつも必ず夢で見たとおりになります。
これは何度か体験していますので、最近では夢で師に会って何か言われたら、その言葉に細心の注意を払うことにしています。
現実レベルで怒られるのは嫌ですから(笑)。

だけど夢で注意された時は、どうして注意されるのかがたいてい理解できません。
何のことで師が私に注意しているのかもよくわからないのです。
(これはその時まだ実際に起こっていることではないから当然理解できないのです。)
^^

続きを読む
[PR]
# by lagrace | 2005-09-29 00:10 | 魂の処方箋

世界遺産・白神山地Part2

このあたりは白神山地のポスターやCMでよく撮影に使われる場所だそうです。
c0074918_2216096.jpg

立派な根をはっています。
苔むした感じもとてもいいですね~。
c0074918_22171612.jpg

ブナ林の中はヒヤッとしていて、明らかに、ブナ林の外とは空気が違います。
c0074918_2228855.jpg

ブナの木の幹に聴診器をあてて、ブナが水をたくわえている音を聴きました。
ドクン、ドクン、ドクン・・・水が流れているような、水を吸い込んでいるような音が聞こえました。ブナは確かに生きている。命の息吹を感じることができました。

ちなみに聴診器は森のガイドさんが持っていました。
残念ながら耳があまりよくない母はその音を聴くことができず、ガッカリしてました。

このそばに白神山地の湧き水があって、そこでペットボトルにその湧き水を汲みました。
自然の水は美味しい~^^
c0074918_22411145.jpg

そしてこのブナの原生林の中で、おにぎりの昼食。
こんな景色の中で、美味しい空気を吸いながらいただく昼食はひときわ美味しかったです。

白神山地から宿泊した十和田ホテルまでは時間にして2時間半ぐらいかかったでしょうか。
朝8時に出発したのに、帰ってきたら5時過ぎでした。
途中、日本最古の芝居小屋に立ち寄りました。
ここは重要文化財に指定されている古い芝居小屋で、今でも歌舞伎役者などが芝居をしにやってくるそうです。
ここも想像以上に立派な芝居小屋で、いにしえに思いを馳せるにはお勧めの観光スポットです。

<つづく>
[PR]
# by lagrace | 2005-09-06 23:39 |

世界遺産・白神山地

東北の旅2日目は世界自然遺産の白神山地へ。
ブナの原生林の中で自然を満喫してきました。

白神山地は秋田県と青森県にまたがってある標高1000m前後の山々が連なる総面積13万haの広大な山岳地帯です。
世界最大規模のブナの原生林が広がり、天然記念物のカモシカやイヌワシ、ツキノワグマなどが生息しています。
平成5年に屋久島と共に日本初の世界自然遺産として登録されました。

世界自然遺産に登録されているのは、この広大な面積の一部で、当然のことながらその区画には入ることはできません。
訪問者は皆、登録されている場所以外を訪れることになります。

そうはいっても、そこはすべて手付かずの自然、人の手が加わっていないブナの原生林。
いろんな登山コースがありますが、私たちは登山コーズではなく、岳岱自然観察教育林という穏やかな傾斜地に広がる場所を訪れました。
地元の森のガイドさん付きで、色々解説をしてもらいました。
c0074918_2135556.jpg

これは樹齢400年の木なんですが、もう腐りかけているのだそうです。(写真上)
c0074918_21382276.jpg

大きな木の周りには、あまり木がありません。
これは木の縄張りだそうです。
大木は太くてしっかりしたたくさんの根をあたりにはりめぐらして、自分の縄張りを確保するのだそうです。その縄張り競争に負けた木は、根をはることができず朽ち果てていくか、大きく育つことができないのだそうです。
「こんなとこにも競争ってあるのね~」

ちなみに写真上の木は、2本の木がひとつの場所で共生している珍しいパターンだそうです。
普通は縄張り競争で勝った木だけが残るのですが、この木はよく見ると、2本の似たような木がまるで1本の木のように寄り添って立っています。
「兄弟なんですかね」と森のガイドさん。
この木のように人間も仲睦まじく共生できるといいですね。
c0074918_2221531.jpg

これはブナの子供。
でもこれでも何年って言ってたかなぁ~。
数年は経っていたと思います。(忘れちゃったけど)
だから大きく育つのには100年とか200年とかかかるのですよ。
大変です。途方もない月日です。
だからこそ大切に守らねばなりません。
c0074918_2152359.jpg

この木の幹に「用」という字が刻まれているのがわかりますか?
これは戦時中、戦闘機や船に使われる予定で選ばれていた木だそうです。
ところが切り倒される前に終戦を迎え、助かったのでした。
こんなところにも戦争の影響があったのですね。
美しいブナが戦争の道具にされなくて、本当によかったです。

<つづく>
[PR]
# by lagrace | 2005-09-06 21:35 |

癒しの風景・奥入瀬渓流

行ってまいりました。東北3泊4日の旅。
2週間ずっと休みをとらず働き続けたのも、この旅のため。
思いっきり癒しの風景を満喫しようと、母娘ふたりの旅は青森空港から始まりました。

母は大阪の伊丹空港から。
私は東京の羽田から。
青森空港で待ち合わせ。

母より早い便で青森空港についた私は早速空港の喫茶店でティーブレイク。
そこで、早速イケメン男性を見る。
青森に着いた早々イケメンを見るなんて・・・これは幸先がいい!(なにが目的だ、ERIKOよ!あら~美しい男も癒しのうちでございますわよ~ほほほ・・・)
そんなわけで母を待っている間も結構楽しめた私。

伊丹からの飛行機が到着したので、母を迎えに行くと、緊張しきった顔の母がフラフラした足取りで出てきた。・・・で私の顔を見た瞬間、相当ほっとしたようで、「えりちゃ~ん、やっと着いた。着いてよかった。」と私のところに駆け寄ってきた。
旅行直前73歳の誕生日を迎えた母は、一人で飛行機に乗ってくるだけでも相当のプレッシャーだったらしく、「とにかく着いてよかった。」と何度も言っていました。
旅行前に極度の緊張で具合が悪くなったらしく、目が落ち込み、昨夜もほとんど寝れなかったとか・・・。

早速乗り合いタクシーに乗り(乗り合いとはいうものの、この日の客は私たちだけ。ラッキー。)、十和田湖を目指す。
途中、八甲田の睡蓮沼と奥入瀬渓流に寄ります。

まずは八甲田の睡蓮沼
タクシー運行のルート上、頂上には行きませんでした。
c0074918_057638.jpg

八甲田連峰が見えます。ここからは5つの山がキレイに見えるのですが、写真にはおさまらず。
c0074918_103932.jpg

八甲田からさらに1時間ぐらいだったでしょうか・・・奥入瀬渓流到着。
私たちはここでタクシー下車。
荷物だけホテルまで運んでもらいました。
奥入瀬渓流はゆっくり歩いて観光したい場所でしたから。
ここからしばらくは奥入瀬の涼やかな景色をお楽しみくださいませ。
c0074918_12376.jpg

c0074918_153560.jpg

c0074918_155588.jpg

c0074918_161621.jpg

c0074918_173442.jpg

こんな感じで流れが急になっている場所もあります。
「穏やかな場所もあれば急流もある。まるで人生のようね。」と言いながら歩く母娘。
c0074918_18837.jpg

c0074918_18529.jpg

c0074918_19859.jpg

水の涼やかな音、空を仰ぎ見れば木々の間から差し込む柔らかな陽の光。
奥入瀬に入った途端、優れなかった気分がスッキリしてきました。(前日まで2週間休まず働いていたため、かなり調子悪かったのです、私。)
ここの空気は美味しいなぁ~。
c0074918_1145761.jpg

途中で奥入瀬渓流の絵を描いている人に遭遇。
「うまいっ!!」
見惚れるほど上手だと思ったら、どうやら地元に住むプロの方のようで、ずっと奥入瀬のあらゆる季節のあらゆる景色を描いているのだそうな。
ここは季節や天候によって色んな表情を見せるのだと思う。
春の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色・・・晴天、雨、雪・・・きっとどれも素晴らしい景色だと思う。
残念ながらプロの方なので、その絵を写すことはできませんでしたが、とても素晴らしい絵でした。

奥入瀬をたっぷり満喫した私たちは十和田湖まで路線バスに乗りました。

奥入瀬渓流はとても長く、全部歩くと相当な時間がかかります。(歩行用の歩道があります)
私たちは2時間弱歩いて、あとはバスに。
とはいっても・・・ここは歩いてこそ価値がある場所です。

ところで今回青森空港から乗ったタクシーですが、ここは超お勧め。
もし青森に行くことがあれば是非利用してください。
とてもリーズナブルなんです。
通常タクシーをチャーターすると2時間で1万5千とかしますが、ここは乗り合いタクシーといって、6人~9人乗りぐらいの車で、同じ方向にいく人たちを混載して、ひとり¥2500で十和田湖まで行ってくれるんです。

そして私たちのようにその日の予約客がふたりしかいないと、普通のタクシーで来てくれます。
それで値段はひとり¥2500のまま。
これってかなり安いんです。
青森空港から十和田湖までは2時間ぐらいかかります。
相当な距離なんです。
普通にタクシーで行ったら¥15000~¥18000ぐらいするんです。
路線バスでも¥2500するんですよ。
路線バスと同じ料金で融通が利いて、それにとても親切な運転手さんでした。

とりあえず奥入瀬渓流を観光できた私たちは、十和田湖で昼食。
いよいよホテルへ向かいます。

<つづく>
[PR]
# by lagrace | 2005-09-04 00:57 |

恐るべし!おばさんパワー!!

一匹のほっけをめぐるバトルが繰り広げられたのは、閉店間際のスーパーでだった。

仕事が終わるのが遅くなり、閉店15分前のスーパーに駆け込んだ私。
作るものは決めていたので、足りない材料だけをすばやくカゴに入れていく。

その時、背後で店員の声が聞こえてきた。
「閉店間際の大幅値引きです~!!アンビリーバボ~な♪値段がつきますよ~」

そう言われちゃあ、欲しくなるのが人情ってもんでしょ。
あとはレジに並ぶだけだった私も、店員の声がするお魚コーナーへと吸い込まれていった。

「まずカツオ~、150円。」と店員。
そばにいたおじさんがすかさず手を挙げ、カツオはおじさんのカゴに。

「お次は高級ちりめん。定価498円を思い切って100円!ひとつだけだよぉ~!!」

えーーー、私のカゴに入ってるちりめんは298円。
そっちのほうが全然安いじゃん。
ほ、欲しい・・・
手を挙げようとした私の前をすかさず横切ったのはおばさんの手。
「それ、私いただくわ」
その瞬間、ちりめんはおばさんの物と確定し、おばさんのカゴへおさまった。

続きを読む
[PR]
# by lagrace | 2005-07-21 00:46 | ライフ

好きな動物でわかる本当の自分

ある日、透視能力者の友人数人とお茶を飲んでいる時のこと。

その中のひとりが「好きな動物を3種類と、好きな理由を言ってみて。」と他の人たちに質問を投げかけてきた。

そこでみんなそれぞれ、あーでもない、こーでもないと色んな動物の名前を挙げることに。

私は・・・

第一位  犬(特に柴犬)/理由は素朴だから。人懐っこくて可愛いから。従順で素直だから。

第二位  いるか/理由はあの「クルッ、クルッ」という鳴き声が可愛いから。私にとっているかは平和でHAPPYなイメージ。喜びとか楽しみを感じさせるから。

第三位  バンビ/理由は可愛くてチャーミング。しかも逃げ遅れてライオンにつかまってエサになっちゃうようなドンくさいところが不憫で、ますます可愛いから・・・。 

「それで、それで~。これがどうしたのぉ~?」と尋ねると・・・
なんと、

続きを読む
[PR]
# by lagrace | 2005-07-15 00:35 | 魂の処方箋

手作りジャム♪

先日のドライフルーツの差し入れに続き、またまた私をとりこにさせる一品が・・・。

今日はアロマテラピストの友人がオーラリーディングを受けにやってきたのだが、その時、彼女がお手製のジャムを差し入れしてくれた。

ゆすらうめジャムというのだが、初めて聞く名前。
c0074918_23562212.jpg

なんか和風~なネーミング。

「ゆすらうめ」って梅の一種なのかしら?

その友人いわく見た目はさくらんぼみたいな感じだそうですが、バラ科の植物(だったかな?多分)なんだそうな。
c0074918_23592286.jpg

それが近所になっていたそうで、それを昨日たくさん摘んだのでジャムを作ったの~と言っていました。

す、素晴らしい!!
確か彼女のおうちは東京の都心も都心、

続きを読む
[PR]
# by lagrace | 2005-06-02 23:45 | ライフ

エジプト・ヒーリング紀行

古代の叡智に触れる旅


ルクソールのカルナック神殿にあるケプリ神を表す巨大なスカラベ。
愛の成就とお金持ちになる願いを叶えてくれます。

c0074918_22555953.jpg


スカラベとはフンコロガシを表現したもので、古代エジプトのファラオを守る「聖なる虫」として崇められていました。
このフンコロガシが糞を丸めて巣に運ぶ姿が、天空を通って太陽を運ぶ髪の化身と考えられていたそうです。

そのためこのスカラベをモチーフにしたみやげ物がエジプトにはたくさんあります。

ところで、このスカラベの周りを3回廻ると「女性は幸せな結婚をして子供に恵まれ、男性はお金持ちになる」そうです。

えっ、ほんと!!
ってことで、もちろん、早速廻りましたわよ。
クルクル、くるくる、きっちり3回。

みんな廻っていました~♪

中には「結婚は別にいいので、女性でもお金持ちになるってことはあるんですか?」と質問していた女性も・・・。
すると現地ガイドの男性が「女性の幸せは結婚して子供を産むことでしょ」とすかさず返していました。

それもどーかと・・・エジプトはまだまだ古い考えに縛られています。
女性の幸せは「結婚と子供を産むことだ」と言われると、私は無性に反発したくなります。
それだけじゃないだろう!!って。
決め付けられるのがいやなんですね~。
そう言われると反対の道を歩きたくなる、反抗的な私。
そんなもんです。
母に「結婚して子供を産むのが女の幸せ」みたいに言われた時、無性に反発したくなったけど、最近は「ご自由にどうぞ。結婚しなくても子供産まなくても、幸せな人生もあるもんよ。」と言われると、今度は逆に「そう仰るなら、してやろうじゃないの!」っていう気になります。

そういうわけで、私はもちろん「幸せな結婚と可愛い男の子を産むこと」をイメージしてクルクル廻りましたのよ♪(ふふふ・・・)

文句ある?

c0074918_23314140.jpg


神殿内をぶらぶら歩いていると、可愛いエジプトの子供たちと遭遇。
課外授業で見学に来たのだそうです。
そこで子供好きの私は、早速写真をパチリ!
・・・と思ったら、カメラにアクシデントが!

ようやくカメラの調子が直った時、子供たちは先生に手を引っ張られ、去っていくところ。

でもこの女の子、私のカメラが直るまで、ずっと待っていてくれました。
片手を引率の先生に引っ張られながら、私のカメラにニッコリ笑って写ってくれました。
だから写真の端に写っているんです。

いい子です♪
可愛いです^^;
ハグハグしたくなりました。
c0074918_23391469.jpg


可愛い子供の写真も撮れて、満足気にこの神殿を後にしました。

ですがこの時、私、相当疲れていまして、もうヘロヘロでした。
何しろ睡眠不足の上、ハードスケジュール過ぎます~
てなわけで、このあとのルクソール神殿見学はパスしました。
こんなに具合が悪くなったのは疲れのせいだけではありません。
ここルクソールは、私にとって、エネルギー的にとてもきつい場所だったんです・・・。

次回はいよいよ、ヒーリングの女神イシスの神殿へ~
[PR]
# by lagrace | 2005-05-05 23:56 | スピリチュアルジャーニー

エジプト・ヒーリング紀行

古代の叡智に触れるヒーリングの旅

2日目/ハトシェプスト女王葬祭殿

ファラオたちの王墓群がある王家の谷のちょうど裏側にぐるっと回ったところに、古代エジプトの女王ハトシェプストの荘厳な葬祭殿がある。

それは切り立った断崖を利用して建造された見事な葬祭殿で、女王の力を誇示するかのような凛としたたたずまいである。
c0074918_21472037.jpg


c0074918_2148940.jpg


葬祭殿とは何ぞや?

当然のことながらこれはお墓ではありません。
確か現地ガイドの人が言ってたところによると、ハトシェプスト女王の葬儀の儀式に使うためだけに建てられたものであるとか・・・・なんと贅沢な!(違ってたらごめんなさい~。一緒に旅した人に今度会ったら確認してみますぅー)

このハトシェプスト女王は政治、軍事、貿易に精力的に活動したということなので、自身の力を誇示するために、このようなものを、男性のファラオたちの墓が点在するちょうど真裏側につくったのであろうか。(当時、ファラオになるのは男性ばかりだったので)

上記の写真の葬祭殿の後ろにそびえ立つ断崖の裏側にファラオたちの王墓があるのだ。

しかしこの葬祭殿も例の如く混み合っておりまして、写真を撮ろうと思っても何かと邪魔が入って、なかなかベストショットが撮れません。
「観光客よ、お前たちが邪魔なのだ~。どいてちょーだい。」
恐らく訪れるすべての観光客が同様に思っていたことでしょう!

葬祭殿の上から下を見下ろしながら、ちょっと当時の女王の気持ちを想像してみたりしました。
「これが私の力よ!」などと思って悦に入っていたのでしょうか。
自分のために多くの民が働く姿を見て、すべては我が物である、などと傲慢な想いを抱いていたのかもしれません。
c0074918_2272068.jpg


まー、でもここはそうそう見るところはありませんから、20分も観光すれば十分です。

c0074918_2291749.jpg

ここルクソールはかつてテーベと呼ばれ、繁栄を極めた場所です。当時太陽が沈むナイル川の西側は死者の都であり、太陽が昇る東は生命の成長を意味する生者の都と考えられていました。そのため西側に王家の谷や葬祭殿などが集まっているのです。


一方、ナイルの東側、つまり生者の都には人々の生活と神殿などがあります。

次号はいよいよ神殿です。<つづく>
[PR]
# by lagrace | 2005-04-13 01:19 | スピリチュアルジャーニー