ヒーラーERIKOのワンダフルライフ

lagrace.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「満月瞑想会」ご報告

今日は「満月瞑想会」でした。
絶好の満月日和(?)で、本当にクッキリ、キレイなまん丸お月様。
c0074918_25758.jpg

そんな美しい月を眺めながら、優雅に「満月瞑想会」といきたかたのですが、私のうっかりミスで、リーディングのセッションの予約をオーバーブッキング(時々やってしまう)してしまってたせいで、時間が30分ずつずれこんでいったため、満月瞑想会の開始が遅れてしまいました。

本当はキャンドルの灯りと月あかり(部屋から見える)だけの幻想的な雰囲気の中、皆様をお迎えしたかったのですが、幻想的どころか、またしても参加者の皆様総出で準備を手伝ってもらう状態になってしまいましたー。

皆さん、本当にありがとうございました。
皆様のお陰で、今日も楽しい瞑想会となりました。

今回は私の友人が2名参加していたので、当然(?)ふたりは私の手伝い専任のようになってしまい、本当によく働いてくれてありがとう!!
助かったよ~。

このたびは楽しいキャンドル作りがありました。

皆様、楽しんでいただけたことと思います。

これが皆様方の作成したキャンドルです。
c0074918_1452066.jpg

どれも独創的でいいですよね~。
c0074918_146111.jpg

実際に作られた参加者の方々はわかってもらえたと思いますが、思いのほかミツロウは固まるのが早い。
だからゆっくりどんな形にしようとか考えていられない。
さらにやわらかいので、形が思うように整ってくれない。

だからみんな「きゃぁ~、どうしよう~!!」とか「きゃぁ~、大変!!」とか、わー、きゃぁー♪言いながら作っていましたが、そんな姿を見ていると微笑ましかったです。

みんな作っている時は夢中で、とても楽しそうで、波動がどんどんアップしていくのが見て取れました。
人が楽しんでいる時、こんなにもエネルギーは明るくなるんだなぁと改めて思いました。

今回のキャンドル作りのように、考える暇がないということはとてもいいことで、早く作らないとミツロウが固まっちゃうから、「上手く創ろう」とか「私にできるかしら?」とか悩んでいる隙もなく、「もーーーう、やるしかないっ!!」ってなるわけです。

だって考えるより手を動かさなきゃ、ミツロウはどんどん固まってしまうからです。
でもなんだかわからないけど手を動かしていると、勝手に手が何かを形作り始めます。
そしてそれこそが、本当の今の自分自身を表しているものなのです。

人生も同じで、時間がタップリあると、余計なこと考えたり、「上手に完璧にやらなきゃ。」と力みすぎて行動に移すのが怖くなったりするけれど、時間がないと一気に「考え」なんて吹っ飛んじゃって、「とにかくやらなきゃ」となります。

そうすると「できるかしら?」という不安や「よく見せよう。」とかっていう背伸びした邪心も飛んじゃうので、等身大の自分が顔を出します。
完璧主義が吹っ飛ぶ瞬間です。

今日参加されたそれぞれが作ったキャンドルは、皆さん自身の内側の表現されたい何かです。
そして、どれを見ても、それぞれにユニークで愛らしくて、味があります。
ひとつとして同じものは存在しません。
それは個々の表現であり、自分の創造性によって現実化した形なのです。

キャンドル作りの後は、宇宙エネルギーに働きかけ、それぞれの願いが叶うように瞑想を行いました。

このキャンドルに火をともして、そしてキャンドルが燃え尽きた時、自分自身が捨てると決めた古い自分の一部や未解放の感情が解放され、そしてその代わりに新たな豊かさを受け取ることになるでしょう。

さて下のキャンドルは前日に私が作成した私自身のキャンドルです。
c0074918_1462196.jpg

自分で言うのもなんだけど、なんか哀愁が漂っています。

今回は作りながら思わず涙が出てしまいました。
自分でもビックリしてしまいました。

作りながら気づいたのですが、これは過去世から引きずっている「犠牲的精神」「犠牲者」のパターンを封じ込めたキャンドルなのでした。
それは私自身でもあるし、多くの人類が共通して体験してきた犠牲的な悲しみの集合意識でもあります。

この子はみんなの犠牲になっていった・・・
作りながらそんな悲しみとやるせなさが出てきました。
それは人類の歴史の中で多くの人々が色んな意味で犠牲になってきたからこそ、今の私たちの存在があり、今の私たちが進化をし、今の私たちが生きることができるということに対する感謝の想いでもありました。

その犠牲者は、ある時は私であったし、ある時はあなたであったかもしれない。
でも多くの人々がそのような共通の悲しみを共有しています。

かつて過ちを犯し、悔いた人々(魂)がそれを次世代に伝えたから進歩や発展があり、かつて不毛な戦争で亡くなった人たち(魂)がいるから今の生活があり、かつて不治の病で亡くなった人々(魂)がいるからこそ医学の進歩がある・・・

その魂は私であり、そしてあなたでもあるのです。

人は生まれ変わりながら、色んな役を引き受けます。
ある時は賢く気高い人格者だったかもしれない。
ある時は自らが過ちを犯すことによって、誰もが完璧ではないけれども、人は互いに許し許される必要があるということを知った人生だったかもしれない。
ある時は破壊者で、ある時は美の創造者であったかもしれない。

どんな人生を歩んだにせよ、誰かの経験が、誰かの成功が、誰かの過ちが、誰かの犠牲が、誰かの破壊が、誰かの愚かさが、誰かの賢明さが、人々に何かを考えさせ、変化を促し、自分の内側へと接触させる引き金になり、そして今の現実があるのです。

このキャンドルを作りながら、それらの尊い魂たちに(過去の自分も含めて)、感謝をしたいと心から思いました。

火をともすのは淋しく悲しいけれど、人生は続いていくし、人類は進化していくのです。
c0074918_151896.jpg

かつての自分の賢さに、或いは愚かさに、かつての人類の賢さに、或いは愚かさに、すべての喜びと悲劇に、それを引き起こしてきた人類に、すべてに許しを、それでも悩みながらも常に賢明に生きている私たちに、祝福と感謝を。

それが私の満月瞑想にこめた想いでした。

さて皆さんはどんな想いをこめたのでしょうか。


PS 参加してくれたお友達のあつこちゃん、みんなのためにチーズパイを作ってきてくれてありがとう!!
c0074918_253180.jpg

友達のRちゃん、こきつかってごめんね~。快く手伝ってくれてありがとう。
参加者のピアノをやっているSさん、CDをありがとう!!

参加者9名の皆さん、すべての願いが叶いますように。
[PR]
by lagrace | 2007-11-25 01:56

澄み切った空気

今日はとても澄み切った空気だったせいか、うちのテラスからキレイに富士山が見えました。
c0074918_2133028.jpg

美しいわよね~。
あの山に9月に登って、頂上からご来光を眺めたのよね。

それでついでに元々巻き爪だった親指の痛みが悪化して、病院に通う羽目になったけど、その巻き爪も調子よく回復中。
あの巻き爪矯正ワイヤーの威力ってすごい!!
ワイヤーしてすぐ、全然痛くなくなっちゃったもん。

それにしても今日の寒気は半端じゃありません。
急に寒くなるんだもんよーーーーー(-。-;
しかもこんな寒い日に、今年になって初めてエアコンで暖房をつけようと思ったら・・・・・つかない・・・・。

エアコン壊れる・・・・・。

「い、いきなり・・かよ~!」

だもんで、急きょ夜にビッグカメラに駆け込んで、エアコンやらその他の暖房機器の説明を親切な従業員のお兄さんからしてもらい、さんざんしてもらった挙句、「えーーーーー、高い!!」「え~、それがいいなぁ。でも高いなぁ~。こっちは?」などとごねまくって、「やっぱりぃ~、一日考えて出直します!明日も渋谷に来るので。」と言ったら、「そうなさいませ~。明日から三連休ですから、特価になるかもしれないので。」と言われて、初めて明日が祭日だということを知った私が「えっ?!明日祭日なの??」と驚いて返すと、「えっ?!違うんですか?!いやっ?!明日は祭日のはずですよ・・・確か・・!」と一瞬従業員のほうが確信がなくなって、ビックリ?!してました。

大丈夫・・・あなたは合っている。
私が知らなかっただけ。

祭日・・・知らなんだ・・・
世間からずれてる・・・私。
不定休だから、仕事のない日が休日の私にとって、世間の暦は関係ないのでした。

連休前の夜だから、今宵は人通りが多く、賑わっていたのか・・・
だからミシュランガイドブックも売り切れていたのか・・・・

そんな夜に、エアコン壊れる~
寒すぎる・・・。

これからはちゃんと定休日つくって、人並みの規則正しい生活をしようかなと考えさせられたのでした。
今まで買わなかったカレンダーも買ったことだし、世間の皆様と共通の暦で生きよう。

それにしても嫌な顔ひとつせず親切だったあの従業員のお兄さん、いい人だったなぁ。
もし指名制度があるなら、あたいは絶対あんたから買うわよ。
(こ~見えて律儀)

明日にはどれにするか決めて、買おう!!

とにかくこれから本格的な冬なので、皆様ご自愛なさいませ。。
[PR]
by lagrace | 2007-11-23 01:57 | ライフ

12/10「新月瞑想会」の募集は終了しました

12/10、今年最後の「新月瞑想会」は定員に達しましたので、受付を終了しました。

11/24「満月瞑想会」はもうすぐですね。

空を見上げると、今宵の月はほぼ満月に近い状態まで満ちてきていました。

参加される方はお楽しみに。
今回はキャンドル作りがあります。
爪をのばされている方、キレイにネイルをされている方は、ちょっと作りにくいかもしれません。
キャンドルは型どりでの製作ではなく、ひとりひとり、自らの手で好きなように形作っていただきます。

なのでちょっと手にロウがついたりします。
一応薄手のビニール手袋は用意しますけど、直前にネイルサロンなどには行かれない方がいいかも・・・です。
満月瞑想会の後日に行かれてくださいまし。

私はイベントごとの直前なると、無性にワクワクしてきます。
今から楽しみです。

それでは当日、お会いしましょう。
キレイな満月が見えることを祈って!!
[PR]
by lagrace | 2007-11-21 22:22 | 最新のお知らせ

「12/10新月瞑想会」のお知らせ

12/10に今年最後となる「新月瞑想会」を行いたいと思っています。

12月は射手座で新月になります。

射手座といえば、今年は拡大・発展の天体といわれる木星が1年間射手座に滞留していました。

木星は元々射手座の支配星でもありますので、本来の木星の特徴でもある「拡大・発展」がより強調された1年となって、どなたにとっても、なんとなく心浮き立ち、広がりのある1年になったのではないかと思います。

特に太陽星座が射手座、或いは生まれた時のホロスコープの天体の配置と現在進行中の木星が調和的角度を形成していた人にとっては、ビジネスや金銭、勉強、遊び、恋愛などのいずれかの側面で発展的な流れがあって、活躍の場が広がった人もいたことでしょう。

さてそんな勢いのある状態もあとわずか。

12月中旬には木星は射手座から山羊座へ移り、山羊座の持つ「着実さ・堅実さ・現実的で地に足の着いた」側面が徐々にクローズアップされるようになってくることでしょう。
木星はその後1年間山羊座を運行します。

射手座は「自由奔放で楽観的。遠くや未知の世界へ憧れる理想や哲学を追求する冒険者。」。
だから今年は前へ前へと押し出される感が強く勢いが感じられたかもしれませんが、来年は今年の華やぎもトーンダウンし、落ち着いた現実的な色合いが濃くなってくるのではないでしょうか。

さて、射手座での新月瞑想。

射手座のテーマは「自由、冒険、哲学的探求、自然回帰性、異文化に関すること、高次の学び、真実と理想、楽観性、過剰、抽象的」などです。

12月の「新月瞑想会」では、これらのテーマに関する瞑想を織り交ぜながら、来年へ向けて、「恐れ」を手放すための瞑想&浄化を行いたいと思います。
その際にキャンドルを使いますので、ひとり1個作成します。

今年最後の「新月瞑想会」。
そして12月は「満月瞑想会」はお休みにします。

なので、12/10の「新月瞑想会」は「満月瞑想会」の内容も盛り込みながら、今年最後の癒しの作業として行いたいと思っています。

12/10(月)19:00~21:00。
参加費は¥4,725(キャンドル作成費込み)

開催場所はお申し込み確定後通知いたします。(恐らく目黒になると思います)
軽いスナックとお茶も出ます。
定員になり次第募集は締め切ります。

前回よりも30分程、時間が長いバージョンです。
今回はハイアーセルフと出会うための瞑想ではありません。
豊かさを受け取るのに邪魔になっている恐れを手放すことに焦点をおいた瞑想になります。

ご興味のある方、参加を希望される方は公式Webサイトの「アロマテラピー占星術」のページのお申し込み方法に従って、お申し込みください。
「新月瞑想会」の場合は、生年月日等の情報は必要ありません。

また「新月瞑想会」に関する関連の話題は、ブログ「新月瞑想、満月瞑想」のカテゴリーを参照してください。
[PR]
by lagrace | 2007-11-15 00:40 | 最新のお知らせ

ワークショップを終えて

過日11/10に行いました「アロマテラピー占星術<ベーシック>」のワークシヨップはとても楽しいものとなりました。

もっと早くブログをアップしたかったのですが、ワークショップ後はやることがたんまりたまっていたのもあって、それらを順番に片付けねばならず、なかなかPCに向かうことができませんでした。

このたびのワークショップは前回より人数が少ない7名でしたが、相方だったRIHOが産休&育児休業にて抜けてしまったため、私ひとりで行うことになったので、7名ぐらいがちょうど良い人数だったようです。

和気藹々と楽しいワークショップになりました。
皆さん、それぞれユニークなキャラクターで、ホロスコープの特徴が雰囲気や言動の端々に見て取れ、「面白いなぁ~」と思いました。

火の性質が強い人は、興味が先へ先へと進んでいって、作業も早いし気も早い!(笑)
常に私が話している内容の1歩先へと進んでしまっています。
地の少ない人はなんだか落ち着きがなかったり、舞い上がってしまっていたりと、それぞれに個性や特徴が発揮されていて、私としては観察しているだけでかなり楽しかったです!

「みんな、いい味出してるな~」
というか、かなりユニークな方々だったので、本当に楽しく行うことができました。
これもひとえに皆様のお陰。
参加してくださった方々にこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

今回のワークショップに参加するために、わざわざ本州最北端から新幹線に乗ってお越しくださった方もおりました。
私のホームページを見てワークショップに興味を持っていただいたようなのですが、その勇気にはほとほと感心させられました。

考えても見てください。
彼女からしたら、私はどこの馬の骨だかわからない透視ヒーラーなわけですよ。
私のことはWebサイトで知っているだけで、一面識もないわけですから。
それなのにWebサイトで見ただけの私のことを信頼してくださって、遠路はるばる交通費と時間をかけてやってきてくださったわけです。

本当に有り難いことです。

彼女の場合、今回のワークショップに参加するということ自体が、もうすごいシフトなわけです。
はじめて会う透視ヒーラー。
はじめて会うほかの人々。
はじめてひとりで上京すること。
はじめて勉強するアロマと占星術。
その上、「アロマ占星術」の後に行った「新月瞑想会」にも参加されたので、相当の「はじめて尽くし」です。

きっとこれからすごいエネルギーシフトが起こることと思います。

その後メールも頂戴しましたが、やはり「チャレンジしたことで自信がついた」とのことでした。

私のところには地方や海外からお越しくださるクライアントさんもしばしばおられますが、それらの方々は、遠路はるばるWebサイトで見ただけの私を信頼してお越しくださるわけで、考えればすごく勇気のいることのように思います。

その勇気、遠くからやってくるという行動力、そのためのお金を用意する能力、それらが既に自分自身の「癒し」の力が働いていることによって可能になっている事柄なのだということをわかっていただければ、ご自身のパワーがどれだけのものかということにきっと驚かれるでしょう!

私は情報を伝えたり、何か方法を教えたりするだけで、結局その場へ自分を連れてきたのはクライアントさんひとりひとりの「変化」を望む内なる力なわけですから、どなたも潜在的に物事を実現させたり変化させたりする力を備えているということなんです。
それを理解してくださったならば幸いです。

さて今回はひとりでワークショップを行いましたが、やはりちょっとした雑用に人手が必要だということがわかりました。
レクチャー自体は全然ひとりでこなせますが、ちょっとしたアシストだったり、お茶を入れたり、作業の準備だったり、ひとりだとお手洗いに行く時間もままならない・・・。

ですが、参加者の皆さんが色々お手伝いしてくださったお陰で滞りなく終了することができました。

前述の遠路はるばるおいでくださった参加者の女性は、初対面早々、最初のテーブルやイスを並べるところからお手伝いしてくださり、しかも「皆さんで召し上がってください」といっぱい郷里のお土産まで持参してくださって・・・・(涙)、本当に有り難いことでした。

かつて私のクライアントさんで、今回ワークショップに参加してくださったFさんも、お茶をいれる作業(洗い物まで)やら何やらをお手伝いしてくださって、かつお土産までいただき、本当に有難うございました。

皆さん、テーブルやイスの片付けも手伝ってくださって有難うございました。

ほんと、このたびは皆様のお手伝いがあってこそ、楽しいワークショップができたのでした。
みんなで創ったワークショップという感じでしたね。

とにかく、今回もワークショップを終えて思うことは、私はやっぱり皆で何かを楽しくワイワイ、ガヤガヤやることが好きなんだなぁ~ということ。

そして「人」が好きということ。

好きなんだよね~、人間が。

誰見ても、それぞれの個性や特徴があって、それを観察していると、そのユニークさに「面白いな~、人って。」と、ますます興味を引かれ、どんどん人間が好きになるわけです。

またこのワークショップも来年行いたいと思います。

そして「新月瞑想会」の報告はまた後日。
これも興味深い体験がそれぞれにあったようで、瞑想会後にも早速不思議なことがあった人など、幾つか報告を頂いております。
私自身の感想も含めて、後日アップします。
[PR]
by lagrace | 2007-11-13 01:02

ワークショップを終えて

過日11/10に行いました「アロマテラピー占星術<ベーシック>」のワークシヨップはとても楽しいものとなりました。

もっと早くブログをアップしたかったのですが、ワークショップ後はやることがたんまりたまっていたのもあって、それらを順番に片付けねばならず、なかなかPCに向かうことができませんでした。

このたびのワークショップは前回より人数が少ない7名でしたが、相方だったRIHOが産休&育児休業にて抜けてしまったため、私ひとりで行うことになったので、7名ぐらいがちょうど良い人数だったようです。

和気藹々と楽しいワークショップになりました。
皆さん、それぞれユニークなキャラクターで、ホロスコープの特徴が雰囲気や言動の端々に見て取れ、「面白いなぁ~」と思いました。

火の性質が強い人は、興味が先へ先へと進んでいって、作業も早いし気も早い!(笑)
常に私が話している内容の1歩先へと進んでしまっています。
地の少ない人はなんだか落ち着きがなかったり、舞い上がってしまっていたりと、それぞれに個性や特徴が発揮されていて、私としては観察しているだけでかなり楽しかったです!

「みんな、いい味出してるな~」
というか、かなりユニークな方々だったので、本当に楽しく行うことができました。
これもひとえに皆様のお陰。
参加してくださった方々にこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

今回のワークショップに参加するために、わざわざ本州最北端から新幹線に乗ってお越しくださった方もおりました。
私のホームページを見てワークショップに興味を持っていただいたようなのですが、その勇気にはほとほと感心させられました。

考えても見てください。
彼女からしたら、私はどこの馬の骨だかわからない透視ヒーラーなわけですよ。
私のことはWebサイトで知っているだけで、一面識もないわけですから。
それなのにWebサイトで見ただけの私のことを信頼してくださって、遠路はるばる交通費と時間をかけてやってきてくださったわけです。

本当に有り難いことです。

彼女にとって、今回のワークショップに参加するということ自体が相当な変化になり、転機になるでしょう。(もちろん誰にとっても変化にはなりますが)

はじめて会う透視ヒーラー。
はじめて会う他の人々。
しかも普段触れ合うことのない他の地域の人々。
はじめてひとりで上京すること。
訪れたことのない街。
はじめて勉強するアロマと占星術。
その上、「アロマ占星術」の後に行った「新月瞑想会」にも参加されたので、相当の「はじめて尽くし」です。

きっといらっしゃる前は相当な不安があったことと思います。
私と面識がある人であっても、はじめてのことを学ぶ時や、見知らぬ参加者同士で顔を合わせることに不安や抵抗感が出た人もいたかと思いますから、遠くからやってくる人にとってはもっともっと未知の体験のように思えたことでしょう。

きっとこれからすごいエネルギーシフトが起こることと思います。
(もちろん他の参加者の方もそれぞれに・・・。)

その後メールも頂戴しましたが、やはり「チャレンジしたことで自信がついた」とのことでした。

私のところには地方や海外からセッションを受けるためにお越しくださるクライアントさんもしばしばおられますが、それらの方々は、遠路はるばるWebサイトで見ただけの私を信頼してお越しくださるわけで、考えればすごく勇気のいることのように思います。

その勇気、遠くからやってくるという行動力、そのためのお金を用意する能力、それらが既に自分自身の「癒し」や「創造する」能力が働いていることによって可能になっている事柄なのだということをわかっていただければ、ご自身のパワーがどれだけのものかということにきっと驚かれるでしょう!

自分自身がワークショップに参加することやセッションを受けることを決断し、そのためのお金を用意し、実際に行動してやってきているわけです。
これは自分自身が創っている状況なわけです。
自分を癒すために・・・・それだけでもすごい力を発揮しているのです。
どうかそんな自分の能力、パワーを信頼してください、どんな時も。

私は情報を伝えたり、何か方法を教えたりするだけで、結局その場へ自分を連れてきたのはクライアントさんひとりひとりの「変化」を望む内なる力なわけですから、どなたも潜在的に物事を実現させたり変化させたりする力を備えているということなんです。
それを理解してくださったならば幸いです。

さて今回はひとりでワークショップを行いましたが、やはりちょっとした雑務に人手が必要だということがわかりました。
レクチャー自体はひとりでこなせますが、ちょっとしたアシストだったり、お茶を入れたり、作業の準備だったり、ひとりだとお手洗いに行く時間もままならない・・・。
(次回は友人にお手伝いを頼もう!!)

ですがこのたびは、参加者の皆さんが色々お手伝いしてくださったお陰で滞りなく終了することができました。

前述の遠路はるばるおいでくださった参加者の女性は、初対面早々、テーブルやイスを並べるところからお手伝いしてくださり(私より先に会場の外で待っておいででした)、しかも「皆さんで召し上がってください」といっぱい郷里のお土産まで持参してくださって・・・・(涙)、本当に有り難いことでした。
(いただいたお土産の数々を写真に撮ってたのですが、なぜかカメラからPCへの取り込みができず、だから残念ながら写真なしですが、本当にたくさんお土産いただいて・・・鍋セットまで・・・重かったと思います。ありがとう~!!)

それから、かつて私のクライアントさんで、今回ワークショップに参加してくださったFさんも、お茶をいれる作業(洗い物まで)やら何やらをお手伝いしてくださって、かつお土産までいただき、本当に有難うございました。
Fさんのお陰で、皆さんで美味しくお茶を飲むことができました。

皆さん、テーブルやイスの片付けも手伝ってくださって有難うございました。

ほんと、このたびは皆様のお手伝いがあってこそ、楽しいワークショップができたのでした。
みんなで創ったワークショップという感じでしたね。

とにかく、今回もワークショップを終えて思うことは、私はやっぱり皆で何かを楽しくワイワイ、ガヤガヤやることが好きなんだなぁ~ということ。

そして「人」が好きということ。

好きなんだよね~、人間が。

誰見ても、それぞれの個性や特徴があって、それを観察していると、そのユニークさに「面白いな~、人って。」と、ますます興味を引かれ、どんどん人間が好きになるわけです。

来年、またこのワークショップを行いたいと思います。
ひとまず次回は12/15の「アロマテラピー占星術<Step2>」がありますね。
参加される方、12月にお会いしましょう!!

そして「新月瞑想会」の報告はまた後日。
これも興味深い体験がそれぞれにあったようで、瞑想会後にも早速不思議なことがあった人など、幾つか報告を頂いております。
私自身の感想も含めて、後日アップします。

また12/10の「新月瞑想会」も併せてお知らせできるかと思います。
[PR]
by lagrace | 2007-11-13 01:02

蠍座の新月

明日は8:02に蠍座で新月です。

夜、新月瞑想会に参加される方々、瞑想会では「新月の願いごと」は特にしませんので、願い事をされたい方は、各自でしてください。

蠍座のテーマは結構濃厚ですわよ。

新月の願い事のやり方を知りたい方は、アロマテラピストで占星術家の友人のブログに詳細が載ってますので、そちらを参考にしてください。
また、同じく友人でアロマテラピストで占星術家のブログにも関連の話題が載っていると思うので、参考にしてください。

もしくは占星術家ジャン・スピラーの「新月のソウルメイキング」でも買って読んでみてください。

本当は明日の参加者の方々へ、個別にメールを送る予定でしたが、あっしは明日の準備を鼻血を出しながらやっていますので、この場で一括連絡ということで、勘弁してくださいまし。

結局いつもギリギリになる・・・

本当はこの時間、優雅にお茶を飲みながらテレビでも見てるはずだったのに・・・・
今日は結局夜に行く予定だった絵画教室もキャンセルし、食事を食べる時間もはしょり・・(汗)

ひとりだとど~しても仕事の進め方が甘いペースになっちゃうのよね。
元が甘い人間だからね・・・。(ゆるゆるぅ~)

だけどビシッ!!
バシッ!!と頑張るのだ。

生まれ変わるの。
NEW ERIKOよ。

皆様明日お楽しみに~。
[PR]
by lagrace | 2007-11-09 23:05

キャンドルアート

またしてもキャンドルを作りました。

今度は女の子たち・・・・
c0074918_0332587.jpg

パチュリーの精油で香りつけも。
まだ燃やしてないからどんな香りに仕上がっているかわかりませんが、でも元々の材料であるミツロウの香りが結構強いので、精油は混ぜない方がいいかもしれません。

これらの手作りキャンドルは11/24の「満月瞑想会でも作ります。
参加される方はお楽しみに!!

11/10の「新月瞑想会」では、私が作ったキャンドルを灯して行おうかと思っています。

さて、どの子を燃やしましょうか?

でもなんだか人間の形をしていると、火をともすのが申し訳ないような気がしてきて、既に自分で作ったキャンドルに命が宿ってしまっているようで、この調子だとどれも燃やせなくなって、そのうち火をつけることのないキャンドルがいっぱい出来上がってしまう可能性が高いのですよ。

実家にいた頃やたらと人形を買って、捨てられなくなったのと同じ・・・。

愛しくなってしまうのよね・・・。

だって、みんな可愛いんだもん!!

が、しかし・・・この濃ゆすぎる愛情ゆえ、ひょっとしたら火をつけなくてもキャンドルたちは溶けてしまう可能性もあるかもしれない・・・私の愛情で~。

きゃぁ~、こわいっ!!
[PR]
by lagrace | 2007-11-02 00:32

感覚の扉

「アロマテラピー占星術ワークショップ」では、個々人のホロスコープを元に、その人独自のオリジナルブレンドオイルを各自で作成してもらいますが、日頃あまり「香り」に触れていない人にとっては、新鮮な体験になるかもしれません。

いにしえの時代、香りはこの世とあの世をつなぎ、神なる存在と人間がコミュニケーションを図るための手段としてしばしば用いられました。

ある地域では、聖なる植物をいぶし、その煙を吸い込んでトランス状態になることで神との交信を行い、神託を得ていました。

カソリックの教会では乳香(フランキンセンス)が使われたりしますし、日本の寺社をはじめ、世界中の聖なる空間でもお香が焚かれています。

香りはいつの時代でも聖なる空間、聖なる儀式とはきってもきれない関係でした。

私が数年前にアメリカのアリゾナ州のインディアン居留区で受けたスエットロッジという儀式は、彼らネイティブアメリカンに古くから伝わる伝統的なもので、「死と再生」、つまり「生まれ変わり」を象徴する聖なる儀式です。(下の写真はアリゾナ州セドナ)
c0074918_493569.jpg

母親の子宮を形どったホーガンと呼ばれるドーム状の建物の中でとりおこなわれます。

まずスエットロッジの外では焚き火が焚かれ、その中に聖なる植物であるシダーなどがくべられます。

スエットロッジの中の中央には穴が掘られ、そこに熱した石を数十個入れます。
その石に水がかけられると、ドーム内がサウナ状になるのですが、その中に儀式を受ける人々が入り、合計2時間ぐらい暗くて熱いドームの中でセレモニーが進められることになるのです。

私が受けた時は、その儀式の途中、途中で、聖なる植物シダーもちぎっていれられました。

ちなみに下の写真はアリゾナ州セドナですが、スエットロッジを受けたのは先住民の居留区で、その時は写真は不可だったのでスエットロッジの写真がありませんが、このような岩山を越えて、先住民だけが入れる聖なる場所で儀式はとりおこなわれました。
c0074918_4164699.jpg

ある種の植物には聖なる力、つまり浄化し、神とコミュニケーションをとる助けになる力があると信じられていました。
これは世界中のあらゆる地域に見られます。
エジプトのピラミッド内でも、幾つかの樹脂の痕跡が残されています。

私自身、香りは「感覚の扉」を開き、自己を解放したり、スピリットとしての自己に気づかせる要素が高いように感じています。

私はほんの小さな子供のj頃、自分が生まれ変わってきたことを覚えていました。
肉体は死んでも魂は不滅なこと、「私」という存在はかつても、今も、これからも「私」という存在であり続けること、永遠の旅を続ける進化する存在であることを知っていました。
c0074918_415078.jpg

その事実を明確に思い出した時、誰かに急いで伝えたくて、母親に「ママ、知ってる?私は死んでも私なんだよ。ずっとずっと私のままなんだよ。私は消えないんだよ。」と言ったら、もちろん母は恐れの強い大人にありがちな態度で、「おかしな子ね!死んだらおしまいじゃないの!!」と私をたしなめました。
それでも負けじと「本当だよ、ママ。私が消えてなくなるわけないでしょ。」と言い返し、どうして話が通じないんだろう?と不思議に思ったものでした。

オーラを見たり、動物と会話をしたり、幽体離脱をしたり、過去世を思い出したりと、窮屈な肉体に入ってはいても、肉眼で見えないものを見、一般的な聴覚では聴こえない声を聞き、肉体を持たない存在と話をし、ほんのちょっと波長を変えれば、別の次元とアクセスできるということを
知っていた子供の頃の私は、恐れと制限とは無縁で、あらゆる感覚が非常に敏感に、かつ繊細なレベルで研ぎ澄まされていたのでした。

だけど大きくなるにつれてそれは薄れ、実に大人になってアロマテラピーの世界に入るまでは、自分が子供の頃に体験していた数々の霊的な体験を、ほとんど思い出すことはなかったのでした。
それどころか、私は精神世界には全く興味がなく、どちらかというとそれとは対極の世界で生きていたといったほうがいいかもしれません。

色々な流れからアロマテラピストになって、クライアントにマッサージを行うようになって間もなく、お見えになるお客様の周囲に色が見えるようになり、それは人によっても違うし、見える時と見えない時がありましたが、その頃になって、子供の頃の体験を強烈に思い出したのでした。

まるで必要になるまでそっと奥にしまいこまれていた大切なもののように、それはいきなり浮上しました。

特に自宅のトリートメントルームにいる時に、人々のオーラを鮮明に見ることが多かったのは、その部屋はかなり神経をつかって毎日丹念に浄化していましたし、トリートメントという目的にしか使っていなかった部屋なので、ある一定のクリアな空間として保たれていたからなのだと思います。
私自身、その部屋には聖なる空間というイメージを強く持っていましたから、そこにいると、自分がオーラを見る許可が上がりやすかったのだと思います。

下の写真は浄化をする道具。
ネイティブアメリカンたちの聖なる植物、セージ。
煙でいぶして浄化します。
羽、貝の入れ物も、聖なる道具。
c0074918_4315552.jpg

そんなこんなで、当時トリートメントにお見えになっていたクライアントの方々に「頭の周囲にグリーンのエネルギーが見えます。意味はわかりませんが・・・。」などとお伝えしていました。

なぜ見えるのか、どういう意味なのかはその時の私にはよくわかりませんでしたし、なぜ突然、子供の頃の感覚が甦ったのかは謎でした。

でも考えられるのは、トリートメントで用いる精油がきっかけになって、感覚の扉が子供の頃のように開いたのだと思います。
それまで私に垢のようにこびりついていたものが、表面的にではあるにせよ浄化されたというか、何かを思い出させたのだと思います。

香りには記憶を呼び覚ます効果があるのです。

その頃は、私自身、他者のトリートメントを毎日していましたが、自分自身も頻繁にマッサージを受けていましたし、生活のあらゆる側面で精油を用い、それを使って瞑想をしていましたし、お部屋の浄化もかなり気をつけて行っていました。
c0074918_4111417.gif

植物はそれ自体がそれぞれ固有の波動を持っていて、マッサージを受けるとわかると思いますが、精油によっては、かなり強力に、その微妙なバイブレーションを感じることができるかもしれません。

しびれるような感覚を覚えるものもありますし、陶酔感に浸れるものもあります。
或いは、自分が霊としての存在であるという事実に気づかされる体験をするかもしれません。

実際、その頃私がトリートメントをしたクライアントさんの幾人かが、トリートメント中に不思議な体験をしていました。
トリートメント中に、自分が体から抜けて自分を見下ろしていた人。
自分のエネルギーが宙に浮き上がっていくのを体験した人。
美しい黄金のエネルギーのビジョンを見た人。
予知的な夢を見た人などなど。
ある意味、感覚派、直感派の人はそのような体験をしやすいかもしれません。

「何?これは一体何?」
そう驚いたクライアントさんもしばしばいました。

でもこれらはその人の中にある何かを一瞬でも目覚めさせたのでした。
自分が霊的な存在であるということを気づかせる体験でもありました。

いにしえの時代から、香りは宇宙と地上を結ぶもの。
霊的存在としての自分を意識させるもの。
目に見えない微細な感覚に気づかせ、その能力を開花させるもの。

私たちの感覚の扉をノックし、私たちが微細なエネルギーに気づき、それらを恐れず、見、聞き、感じ、香ることを許可するもの。

「アロマテラピー占星術ワークショップ」では自分のエネルギーを高め、バランスをとるために、自己ヒーリングのツールとしてのオリジナルオイルを作ります。

きっとそれは、あなたの感覚の扉を開き、忘れていた記憶をよびさますきっかけになるかもしれません。

11/10(土)13:30~「アロマテラピー占星術ワークショップ<ベーシック>」¥15,750(ブレンドオイル作成費込み)及び12/15(土)「アロマテラピー占星術<Step2>」¥10,500(ブレンドオイル作成費込み)、共に参加者募集中。

ベーシックは初心者対象、Step2はベーシックに参加したことがある人対象。
Step2は残席わずかです。

詳細は公式Webサイト「アロマテラピー占星術」をご覧下さい。
お申し込みはメール、電話等で受け付けております。
[PR]
by lagrace | 2007-11-01 05:34