ヒーラーERIKOのワンダフルライフ

lagrace.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

11/10「新月瞑想会」の募集を締め切りました

11/10(土)開催の「新月瞑想会」の募集を締め切りました。

11/10(土)「アロマテラピー占星術<ベーシック>」¥15,750、12/15(土)「アロマテラピー占星術<Step2>」¥10,500の募集は引き続き行っています!

ご興味のある方は公式Webサイトの「アロマテラピー占星術」のページに従ってお申し込みください。
メール&お電話にて承っております。

関連の話題は、ブログ「アロマテラピー占星術」、もしくはブログ「最新のお知らせ10/8,10/13の記事を参照してください。
[PR]
by lagrace | 2007-10-19 00:05 | 最新のお知らせ

11/24「満月瞑想会」の募集を締め切りました!!

11/24「満月瞑想会」の募集を締め切りました!!

11/10「新月瞑想会」はまだ若干名参加できます。

11/10「アロマテラピー占星術<ベーシック>」、12/15「アロマテラピー占星術<Step2>」は引き続き、参加者募集中です。

それぞれ詳細はブログ「最新のお知らせ」の10/8,10/13の記事、或いは公式Webサイトの「アロマテラピー占星術」、及び関連記事をご参照ください。

お申し込みはメール、お電話ににて承っております。
[PR]
by lagrace | 2007-10-17 01:15 | 最新のお知らせ

南仏からパリまで4


c0074918_2162732.jpg

たくさんの豪華クルーザーが停泊する高級リゾート地といった印象が強いニースですが、そんなイメージとはちょっと趣が違う旧市街です。

私はどこの国へ行っても、旧市街が大好きです。
そこには市場があったり、たくさんの食堂や古くからある店や民芸品店などが軒を連ね、人々が行き交い、生活の匂いがあるからです。
物売りの叔父さんや叔母さん、腕を組みながら仲睦まじく歩くカップル、はしゃいで走り回る子供たち、カフェやレストランでくつろぎ、食を味わい、会話を楽しむ人々。
c0074918_2331880.jpg

そんな姿が数百年も前からある建物の中で、或いは町並みの中で、昔と変わらず繰り広げられていることのすごさがヨーロッパにはあるんだよね。
c0074918_2334075.jpg


だからやっぱり旧市街は魅力的。

フリータイムに、母と二人で旧市街広場からバスに乗ってシャガール美術館へ行きました。
道路工事をしていたためにバス乗り場が変更になっていたので、もう大変!!
通りすがりのおばさんに聞いたり、商店のおじさんに聞いたり、ようやくバス乗り場にたどり着けた時には既に軽い疲れが・・・何しろ右も左もわからないという不安いっぱいの母を連れてたゆえ、責任が私の肩に・・・。

大学の時の第一外国語がフランス語で一応成績良かった私ではありますが、すっかり忘れてると思ってたけど、少しぐらいは覚えていたから役に立ちました。

だけど残念なことに着いた時には閉館20分前で入場できませんでした。
時間が変更になってたらしい・・・・。

でもそんなハプニングもあるから旅は面白いのだ。

旧市街まで戻ってきて歩いていると、公園にメリーゴーランドを発見。
c0074918_2341187.jpg

懐かしい~。
フランスはあちこちの公園にメリーゴーランドがあります。
(この後フランス各地を巡るのですが、いろんなところで見かけました)

私の記憶が正しければ、昔「ベティー・ブルー」というフランス映画の中で、メリーゴーランドの場面があったような・・・。
とても印象深いシーン。
ご存知の方いらっしゃるかしら?
ジャン・ジャック・ベネックス監督の名作です。
私は劇場で2回、ビデオでは10回以上観てます。(20歳の頃フランス映画にはまっていた)

そしてコート・ダ・ジュールといえば、必ずと言ってよいほど出てくるこの風景。
c0074918_2151619.jpg

これはプロムナード・デザングレ(英国人の遊歩道?)という広くて長~い遊歩道。

この通り沿いに、有名な「ネグレスコホテル」はありますよ~。

気温は何度だったか忘れたけど(写真は今年6月)、海水浴&日光浴している人々が多いですね。
c0074918_21608.jpg

この風景、海岸沿いの通り・・・
昨年行ったギリシャのロードス島の海岸沿いにちょっと似ています。
あっちよっかこっちのほうが洗練されてるけど。

そして、一旦ホテルに戻ってから、「疲れたから休みたい」という母を残してひとりで散歩へ。

遊歩道のベンチで海を眺め、ぼっ~とすること1時間。

ベンチに座っている人々の様子は様々。
私のようにただぼっ~と海を眺めている人もいれば、読書をしている人もいるし、待ち合わせの人もいるし、恋人同士でじゃれあっている人もいるし、疲れたから一休みのご婦人もいるし、写真を撮ってる旅行者もいるし・・・

いいなぁ~、みんなそれぞれで・・・。

この何もなーーーーい感じの時間が好き。

いつもと違う場所にいたって、他の国へ来てたって、どこにいても私は私で、私の時間が流れてる・・・そんな当たり前をすごく幸せに感じる。

少し日が暮れてきて、ほら、空に・・・・月が浮かび上がってきましたよ。
(夜の9時ぐらい。この時期のフランスは日没が遅い。)

c0074918_2533526.jpg


東京にいても、どこにいても、やっぱり私は空を見上げ、キレイなだぁ~って思ってる。

旅で他の国へきていて普段とは景色は違っても、周囲にいる人々は異なる人種でも、どこにいても私は私だなぁ~、今回は本当にそんな当たり前が随所で感じられたのでした。
それって、ここがリラックスできる街だったってことなんでしょうかね?
c0074918_2473495.jpg

[PR]
by lagrace | 2007-10-16 13:55 |

愉快な仲間たち

私の愉快な仲間たちをご紹介しま~す!!

最近、お気に入りの木でできた人形たち。
c0074918_05747.jpg

通りかかった子供向けのお店で購入しました。

私、何気に、こーーーゆーーー類の人形や、ぬいぐるみ等、好きなんですよぉ~。
子供が好きっていうより、自分が子供なんだなぁ~。(最近気づいた!!)

本当は部屋中に仕掛けをして、天井からおもちゃ吊るしたりしたいのですが、インテリア的にはシンプルでシンメトリーな感じが意外と好きだから、やりたいけどやれない・・・。
なので、住まいが広ければ、ひとつぐらいはそんなお遊びの部屋にしてしまいたい!!
オモチャ箱ひっくり返したみたいな・・・ワンダーランド。

アンド、片付けなくていい部屋~(これがサイコー!!)

見てください!!
このきのこたち。
可愛らしすぎて・・・。
思わず手にとって即行レジに向かってたわ。
c0074918_057374.jpg

これね、ひとつひとつ手作りなので、同じキノコでも全部形が違うのですよ。

そして大好きなキリン。
これも1個1個顔が違います。
c0074918_0575332.jpg

私は保育園の時、キリン組だったんですけど、当時はそれが気に入らなかった。
なぜだかわからないけど、自分はもっと「さくら組」とか「もも組」とかキレイ系がふさわしいと子供心に思っていて、兄が「もも組」だったのに自分は「キリン組」だから、なんか兄がやたら光って見えて、年長組みになって「星組」になった時に、ようやく自分にふさわしい組になったと安堵したものだった。

きっと自分の中では「キリン」より「もも」や「さくら」「ほし」のほうが美的に見えたんだと思う。
すごく勝手な価値基準を持っていた子供だったようだ。

「キリン」さんごめんね・・・
そのお詫びの気持ちからか、改心したのか、今は「きりん」が大好き。
あのいでたち・・・・
あの模様。
首の長さといい・・・・
かわいい~。

今は「きりん」の子供が入荷するのをひたすら待っている。

トナカイさんもかわいいし。
c0074918_058655.jpg

これらはドイツのメーカーのもので、年に数回しか入荷しないんだそう。

子供が誤って舐めても大丈夫なように(というか、子供は絶対口に入れるだろ~、なんでも)、天然色素で色づけしてあるんだそうな。

この人形の存在を知った途端、「集めよう」と思ってしまった、わたし。
そしたら、やっぱりコレクターがいるんだそうな・・・。
似たような奴は世界中のどこにでもいるのね。

そして、見て見て~。
この写真集。
c0074918_0582518.jpg

かわいすぎる~、この表紙。
これは「エゾフクロウ」。
北海道に生息する動物たちの写真集で、もう一目ぼれ。

何しろ、知床半島にシマブクロウに会いに行きたいと密かに思い続けている私にとって、垂涎ものの写真集。

シマブクロウは賢そうな感じだけど、このエゾフクロウはちょっとお馬鹿っぽい感じよね~。
そこがまた可愛らしくって、ちょっとエゾフクロウにファン変えしようかなと思っている。

これをしこたま買った後、待ち合わせていた友人に見せて「かわいい~!!」とふたりで盛り上がり、「へぇ~、ドイツなの?」「そうそう、ドイツの人形らしいよ~。いっそのことドイツに弟子入りして作っちゃおうかしら?」「あら、いいねぇ~、行こう、行こう!!」などと話はドイツ修行にまで及び・・・・(いつも話が飛びすぎる)

うちへ来たことのある人ならご存知でしょうが、キャビネットの上にたくさんの置物が並んでいます。

だいたいが旅先で買ってきた現地の民芸品。
c0074918_0585336.jpg

ネイティブアメリカンの石版アート、エジプトのパピルス、ギリシャの女神像、エジプトの神々の絵本、アラバスターの置物、あ~、大好きな写真集もありますね~。
このほかにも右側にまだ置いてある・・・。

キャビネットの上は最初はもっとスッキリしていたのですが、最近はいろんなものが乱立していて、私の混乱ぶりが現れているのか???

全然種類違うし・・・・

でもこれが私。

大人っぽい洗練されたものやシンプルなものが好きだったり、各国の怪しい(?)民芸品が好きだったり(買わずにはおれない)、子供っぽいものが好きだったり。

こういったお気に入りたちをそばに置いて、いつでも眺められるのが楽しい。

みんなそれぞれ味があって好き。

ちなみに写真中央よりやや右にあるのは私が作った陶芸品(茶碗)です。
初陶芸品。
作ってもう何ヶ月もたつけど、未だ使ってない・・・・お皿とかも作ってみたいよね~。

そんなわけで、来客される方、このコーナーは私のお気に入りたちが並んでますが、ここにあるものが変わったら、私の好みや気分も変わったと思ってくださいまし。
[PR]
by lagrace | 2007-10-14 00:31 | ライフ

今日は新月

今日は天秤座で新月ですね。
時間は14時。

天秤座が支配する物事、側面にスポットが当たる時期になります。
つまり「パートナーシップ、結婚、社交、バランス、芸術、調和、交渉、対等な協力関係」などのテーマです。

これは天秤座の人に限らず誰にとってもですが、特に天秤座の人、或いはホロスコープ(バースチャート)で天秤座にアセンダントが位置していたり、何か主要な天体と絡んでいたり、アスペクトがあったりすると、よりそのテーマに関して、クローズアップされてくる時期になるかもしれません。

そういう意味でいうと、私の知り合いに、まさに「天秤に絡みまくっている人(笑)」が数人いるので、その人たちの内側で次の新月までの1ヶ月間にどのような変化があるのか?興味深いです。

私が師事している占星家いわく、「これまでの人間関係を見直したり、逆に新たに始めたり、新しい人間関係にスピリチュアルなつながりや要素を感じたり、お互いを許しあったり、未来志向型の新しい関係性を構築する」という側面に光が当たるという感じらしい。

これは他の天体の配置との関係性で導き出された情報ですが。

とにかく誰にとっても、興味深いテーマではありますね。
他者と自分との関係性というテーマは。

さてこの「新月」の際にお願いをすると叶いやすいというのは、もう多くの人が知っている話ですが、今一度ここで最初から話すのは面倒なので、占星家でアロマテラピストでもある(学校時代の同期)友人のブログをご覧下さい。
彼女のブログには「新月の願い」に関する情報、或いは願いの仕方が書かれてあります。

或いはこの新月の願いの方法を長年研究され、世に広めた著名な占星術家ジャン・スピラーの「新月のソウルメイキング」という本をお買い求めください。
ここには詳しく全てを書いてあります。

願い事を書くのは新月から8時間以内ですよ。

はたまたこれまた友人で占星術家でアロマテラピスト(やはり同期)でもある友人のブログにも役立つ情報が出るかもしれませんのでご覧下さい。

先日、鏡リュウジ氏のセミナーに出た際、このふたりの友人と会場でバッタリ!!
ちなみに私の相棒のRIHOもアロマ学校時代の同期なので、同期仲間でなぜかアロマ占星術流行ってるよ~。(笑)

さてさて、私の「新月瞑想会、満月瞑想会」の参加予定の方、瞑想会の場では、このジャン・スピラーが編み出した「新月の願い」はわざわざやりませんので(なぜならば新月に入ってから8時間以内に願いを書く必要があるから)、ご自身でやってください。
というか自分でできますので。


ただし、エネルギー的な観点から「新月の願い」に関することやコツみたいなものはお話する予定です。
そしてそれらに絡めて「ハイアーセルフ」からのメッセージを受け取る瞑想を行います。
これはあなた自身に対してだけの特別なメッセージになるはずです。
そして、これらの作業を通して、自分自身の霊的な自己とつながることに慣れていきましょう!

では最後に、前回「アロマテラピー占星術ワークショップ」に参加された方は、天秤座と絡めてご自身のオイルを是非作成されてみてください。

もう作り方はご存知ですよね?

天秤座が対応する精油もわかりますね?

だけど何もすべて天秤座に対応したもので作成する必要はありません。
なぜならば、今日の新月から来月の新月までは「天秤座がつかさどるテーマ」がクローズアップされてはきますが、だからといって自分が天秤座になるわけじゃないので、むしろ自分らしさを大切にした上でこのテーマに取り組めれば、それこそ宇宙の流れと調和できるからです。

自分のチャートが最も大事なので、自分のチャートと天秤座がつかさどるテーマを絡めて、是非自分のための「新月オイル」を作ってみてください。

私自身が試したところによると、やはり自分に則したブレンドオイルはとても効果的に働きます。
エネルギーに変化が起こりますし、自分に則したものであればバランスが整います。
本当ですよ。
エネルギーを観察していると、歴然とその違いが現れます。

そして、もしエネルギーに働きかけたいならば、低濃度をお勧めします。
なぜか低濃度の方が「霊的な気づき」が起こりやすいのです。

もし香りを楽しむという目的ならば、精油の量を増やして香油としてお楽しみください。

さて私自身は、天秤座がチャート上ではあまり絡んでいません。
しかも天秤座の象徴オイル「ゼラニウム」「パルマローザ」はあまり好きではありません。

昨夜、キャンドルをともしながらずっと瞑想をしてエネルギーを浄化した後、あらためて精油を嗅いでみましたが、やっぱりしっくりきません。

なので天秤に関係なく自分のためのオイルを作成しました。
「今」の自分にとって必要だと感じられたオイルです。

ジャスミン、サンダルウッド、シダーウッド、ベルガモットで、1:1:1:2の割合で1%濃度。

まさに獅子座の私のバランスをとるにふさわしいブレンド。
そして私は自分らしさを失いそうな時にジャスミンを使うと、いつもいつも自分の誇り(いい意味での)を取り戻します。

ブレンドは時間を少し置くと馴染みますから、しばらくたってから嗅いでみるとよいと思います。
特に重い香りは、時間を置くと少しはまろやかに感じられるでしょう。

昨夜私は、まず入浴をして体とエネルギーを清めた後(これ、大事です)、ブレンドオイルを必要なチャクラに塗り瞑想をしていました。
そして自分自身のオーラを観察していたのですが、あきらかにエネルギーの色がクリアになっていました。

先日のワークショップに参加された方は、作り方を忘れないうちに是非作ってみてください。
そして自分の状態を観察し続けていると、やがて微妙な違いがわかるようになってきます。

先日使用した精油メーカーをお忘れの方、いくつか問い合わせのメールをいただきましたが、「フロリアル」です。
Webで購入できるはずです。
私が昔バイトしていたお店です。

トリートメント料金も良心的ですから、自分のブレンドオイルの精油をリクエストして、マッサージを受けられるのも良いかと思いますよ。
私のマッサージをずっとやってくれているのは、そこのサロンで長年働いているお友達のM.Hさん。(週3日ぐらいしか出てないと思うけど)

現在フロリアルは販売価格を大幅に下げてくれていますから、とてもお買い求めしやすいと思います。
卸し値に近い料金ですよ、これは。
でも品質は確かですからお勧めです。
ついでにいうと、フロリアルのフラワーウォーターはとても香りがいいですよ~。
これもお試しあれ。

さぁ~、今夜は天秤座の新月にちなんで、また昨夜とは違うブレンドを、瞑想をしてハイアーセルフからの情報で作ってみたいと思います。

それでは、皆様も各自、お試しあれ。
[PR]
by lagrace | 2007-10-11 14:09

南仏からパリまで3

陽光溢れる世界

突然ですが、数ヶ月あいて、再びフランス紀行。
「続きはいつやるんだ?」と思った人もいたかもしれないけど、忘れてたわけじゃないんだけど、毎日何かしら面白いことがあったり、他に興味が飛んでしまったり、気分が変わったりでして。

前回コート・ダジュールの街々を写真でお伝えしましたが、本日はその中でも最近人気がある場所、断崖絶壁の鷲の巣村をご紹介。
c0074918_055662.jpg

南仏、ニースやカンヌの周囲に点在する鷲の巣村と呼ばれる小さな村のひとつ、「エズ村」。
ここ数年、テレビの旅番組なんかでもしばしば登場するのでご存知の人も多いですよね。
地中海を見下ろす丘の上のホテルやレストランが有名で、私も雑誌やテレビで見て「行ってみたいなぁ~」とかねがね思っていました。
でもできれば母とではなく、ボーイフレンドと行きたい場所よね~。

異教徒の攻撃から守るために高い丘の上に城砦のように村が作られたんだそうな。
こういった小さな鷲の巣村は、コート・ダ・ジュールにはたくさんあるんだそうですよ。

その中でもエズやサン・ポール・ド・ヴァンスは有名。

c0074918_0553953.jpg

南仏らしく、花が咲き乱れてますよね~。
一番多いのはやはりブーゲンビリア。
あとここはサボテンもなにげに多い。
上にサボテン公園があって、そこから地中海の眺めが素晴らしい。
一番最後にその写真も出てきますが。
c0074918_0561187.jpg

c0074918_0564098.jpg

カフェでくつろぐ人々。
フランスらしい光景です。
南仏はパリなどの都会に比べて、時間の流れがゆったりしていて、イタリアに近いせいか、人々が陽気でフレンドリーな気がしますし、やはり伊系の顔つきの人が多いので、何気にイケメンが多かった気がする。
c0074918_0572481.jpg

ここは迷路のように小道が入り組んでいて、はっきし言って迷子になります。
というか、さっきどこを通ったのかわからなくなります。
エジプトの市場で迷子になると、ちょっと不安だけど、でもここで迷子になってもなんだか安心。

c0074918_0574737.jpg

段々上のほうへ登ってきたので空が近くなってきたわ。
下を見下ろせば地中海なのよ。
日がな一日、こんなところでボッ~と海を眺めていたり、絵を描いたりして過ごせたら最高だと思います・・・が、今回は母のための旅行だったため、私に私的な時間はないっ!!

のんびりリロマンティックな気分に浸る暇などなかったのでした。

鷲の巣村は、暖かくて青空で、地中海もキレイに見えるので、多くの芸術家たちが滞在した場所でもあります。
ここエズには哲学者ニーチェも滞在していたそうです。

別の鷲の巣村、サン・ポール・ド・ヴァンスにはシャガールのお墓もありますし、ピカソのお気に入りでもあったようです。

なにしろ自然の色が鮮やかな場所だから、芸術家たちが創作意欲をかきたてられるのも頷けますよね。
c0074918_1294388.jpg


お、お犬様。
トルコ、エジプトなんかは圧倒的にネコが多かったけど、フランスは断然犬派ですね。
ギリシャはネコも犬も見かけたけど、基本は飼われているというより、ノラが多かった。

c0074918_0581830.jpg


お、サボテン。

c0074918_0585265.jpg


お、ブーゲンビリア。

この辺りの小道にはギャラリーや雑貨屋、ホテルやレストランなどが並んでいますよ。

こんな小さな村なのに、ミシュラン星つきのレストランが3つもあるそうです。

c0074918_0592450.jpg

ここは確か有名なホテルだったと思う。
これはホテルの入り口ではなく、部屋の入り口で、いきなり部屋から小道に出られるような作りになってるんです。
ここら辺にあるホテルはみんなこのような作りらしく、よって、部屋によって内装も広さも全く違うそうです。

人気は部屋のテラスから地中海を見渡せる部屋で、ハネムーナーがよく訪れたり、著名人がこっそり宿泊するようです。
c0074918_10088.jpg


部屋のテラスからこんな景色が見られたら、ずっと海を眺めてるよね~。
それでも飽きないと思うし・・・。
ここは駆け足でなく、次回訪れた時は、是非ともゆっくり滞在したい場所です。

c0074918_1321291.jpg



ちなみに、ここからほど近い丘の上の斜面に広がるグラースという街で、フラゴナールの香料工場にも行ってきました。

ここは写真撮り忘れてないんだけど、過日開催した「アロマテラピー占星術ワークショップ」に出席された方は説明を受けたと思いますが、精油を抽出する装置(図があったと思いますが)、ここにはそれが展示されています。

この辺りは香料のメーカーが有名で、シャネルやディオールなどのブランドもこういった香料メーカーから買っていたりする。

フラゴナール社には現在1名の調香師がいるらしい。
世界中で17名ぐらいしか調香師はいないのだそうだから、職業選択でお悩みの方、挑戦されてみてはいかがでしょうか?

現地フラゴナール社に日本人スタッフもいましたよ。

私はここでしこたまネロリやローズの石鹸を(香りがめちゃくちゃいい)買い、ハンドクリームやらクリームを買い、後にスーツケースの重量オーバーになるのであった・・・。
(石鹸が重いのよ~)

でもこの辺りに行かれる方は、是非お買い物されたし~。

ただしユーロ高だったから、あまり割安感はありませんよ~。
[PR]
by lagrace | 2007-10-11 00:37 |

自分のための聖なるキャンドル

11月より「新月瞑想・満月瞑想の会」を予定しておりますが、新月瞑想会では主に、その月の星座が支配するテーマに則した「ハイアーセルフ(自分自身の霊的自己)からメッセージを受け取るための瞑想」を中心に行いますが、満月瞑想では自分のための聖なるキャンドルを作成し、エネルギーをチャージします。

実はこのキャンドル作りに私と相棒のRIHOちゃんがかなり熱を上げてまして、時間さえあれば何個だって作っちゃうぞぉ~という勢いなんです。
c0074918_0473743.jpg

キャンドルは石油系の材料は用いず、体に安全な天然の素材、未精製の「ミツロウ」を使用します。
アロマテラピーなどの自然療法に携わっておられる方なら、精油を使ったクリーム作りなどでお馴染みの素材なんですが、これで自分のためのキャンドルを作ります。

これがまた楽しいんだわ~。

以下、私が今日作ったもの。
笑えます!!
全然聖なる感じがしません!!
ハロウィーンも近いことだし・・・ハロウィーンのおばけに親父風の髪の毛をあしらってみました。
そしてまだまだ先ですが、雪だるま。
やはり親父風な風貌にし上げ、尚且つ蝶ネクタイでお洒落してみました。
あとは正統派の円錐形と縦長のキャンドル。
c0074918_0471753.jpg


私の創造物は全然聖なる感じがしませんが(私自身がお笑いだからか?)、もちろん、聖なる形、自分の好きな形に作っていただきます。
ピラミッド型とか、ハート型とか、創造性を発揮してお好きにどうぞ。
ひとり1個作成します。
そして、瞑想をしながら満月エネルギーをチャージしますよ。

作るときは精油を混ぜ込みますので、キャンドルが燃えるたびに香りが部屋中に漂います。

キャンドルに火をともして瞑想をすれば、メッセージを受け取りやすくなるでしょう。
c0074918_0481311.jpg

私は火を見つめていると、最高に集中できます。
(多分誰でも)

火はインスピレーション。
私たちが直感とつながることを助けてくれます。
私たちの情熱をかきたててくれるでしょう。

そして、キャンドル作りそのものが、インスピレーションとクリエイティビティに満ちた作業。
世界でたったひとつしかない、自分のための聖なるキャンドル、宇宙のインスピレーションを受け取りやすくする満月の贈り物。

まだ若干名空きがあります。

参加希望者はメール及びお電話にてお申し込みください。
料金等の詳細はブログの「最新のお知らせ」のところでご確認ください。
お申し込み方法は公式Webサイトの「アロマテラピー占星術」のページの方法に従ってください。(この瞑想会は、出生年月日などのデータは必要ありません)
[PR]
by lagrace | 2007-10-10 00:44

アロマテラピー占星術ワークショップ<Step2>

12/15(土)13:30~16:30に「アロマテラピー占星術<Step2>」を開催します。
料金は¥10,500(オリジナルブレンドオイル作成費込み)。定員は10名程度。


こちらは先日(10/29)行われた「アロマテラピー占星術(ベーシック編)」に参加された方及び11/10に開催予定の「アロマテラピー占星術(ベーシック編)」に参加される予定の方が対象のワークショップです。

ベーシック編で扱うアロマテラピーの基礎や占星術の導入部は省いて、次のステップから話を進めていきます。

ベーシックの部分では、12星座がどういう特徴で成り立っているかという構造について、すなわち男性性や女性性、4元素(エレメント)、3区分(行動様式)などや、太陽、月、アセンダントなどの個人への影響度が最も強い天体などに絞って考察し、それらを元にブレンドオイルを作成していきました。

<Step2>ではそこから更に枠を広げて、愛や芸術に関する金星や、コミュニケーションに関する水星など、他の天体が個人に与える影響について考察していきたいと思います。
ここでは恋愛や仕事に関してのヒントになる事柄も見えてくるでしょう!

ご興味のある方、参加希望の方は公式Webサイトの「アロマテラピー占星術」のページのお申し込み方法に従ってご予約をお願いします。
電話&メールにて承っております。
[PR]
by lagrace | 2007-10-08 23:46 | 最新のお知らせ

「新月瞑想の会」「満月瞑想の会」

11月10日(土)18:00~19:30に「新月瞑想の会」を開催します。
参加費は¥3,675
この日は<蠍座で新月の日>。

新月は新しい物事をスタートさせるのに最適な時。

このパワフルで神秘的な日に、蠍座が司るテーマに焦点をあてて、自分自身のハイアーセルフ(霊的自己)からメッセージを受け取るという試みをしたいと思います。

そして11/24(土)<時間は18:00~19:30>の満月の日には、「満月瞑想会」を開催します。
自分自身のためのアロマキャンドルを作成し、エネルギーをチャージします。

参加費は¥4.200(キャンドル作成費込み)
尚、同月の「新月瞑想会」に参加された方は「満月瞑想会」は1,000引きの¥3,150、或いは同時申し込みの方は、両方の合計金額から¥1,000引きになります。
このアロマキャンドルを使い終わる頃に、私たちの願いが叶うことを祈って。

「新月瞑想会」「満月瞑想会」はどちらか一方だけ、或いは両方参加されるのも自由です。
ただし、いずれの場合も事前にご予約をお願いします。
一応定員各10名程度までと考えています。
ティーと軽いスナックも出ます。

「瞑想とかしたことがないから・・・」などと心配は要りません。
あまり難しく考えないで下さい。
瞑想に入りやすいよう誘導していきますので、誰でも、別にスピリチュアルな体験が特になくても、大丈夫です。
きっと自分自身の霊的自己からのメッセージが受け取れることと思います。

私自身は地に足が着いた形で、人々がスピリチュアルに生きられるようになることのサポートをしたいと思っているので、あまり緊張したり、難しく考えずに、どうかリラックスして参加されることをお勧めします。

上記、「新月瞑想会」「満月瞑想会」のお申し込みは、公式Webサイト「アロマテラピー占星術」のページの申し込み方法に従ってください。(こちらに関しては出生年月日等は必要ありません)
メール及びお電話等で受け付けております。
[PR]
by lagrace | 2007-10-04 01:39 | 最新のお知らせ

「第2回アロマテラピー占星術ワークショップ」開催

「アロマテラピー占星術ワークショップ(ベーシック)」の開催が11/10(土)13:00~17:00に決定しました!
料金は¥15,750(オリジナルブレンドオイル作成費込み)
場所は前回同様、目黒の某所で行う予定です。


この日は蠍座で新月の日です。

このパワフルな日に、自分が潜在的に持っている能力や可能性をホロスコープを通して知り、自分のエネルギーをあるべき方向へと向けてみませんか?

アロマテラピーや占星術の知識がまったくない方を対象に組み立ててあるプログラムなので、初めての人大歓迎です。

第1回目(9/29)の参加者11名のうち7名が全く知識がない方々でした。

皆さん奮闘しながらも始めてのホロスコープに取り組み、自分だけのオリジナルブレンドオイルを作成しました。

そしてワークショップ後、ブレンドオイルを毎日楽しみに使っているとか、自分が進むべき方向がなんとなく見えてきたとか、自分の意外な一面が発見できて今後の励みになったなどのメールを幾つかいただきました。

私たち主催する側にとっては、ワークショップを通して、参加してくださった方々が自らの人生の何らかのヒントを得てくださったならば、これにまさる喜びはありません。

今後も、ワークショップをしながら、私たち自身も新たな側面の発見を、探求を続けていきます。

第2回目となる「アロマテラピー占星術ワークショップ(ベーシック)」では先日(10/29)開催した第1回目と同様の内容です。

ホロスコープ(生まれた時刻&場所から割り出された天体などの配置を記したチャート)やアロマテラピーの基礎知識を学びつつ、自分の特性、資質、今世で向かうべき方向を把握し、それらの特性を強化する、或いはアンバランスを改善する、或いは弱ってる部分を補完するためのオリジナルブレンドオイルを作成し、セルフヒーリングに役立てます。

ご興味のある方は是非ご参加ください。

申し込み方法は公式Webサイト「アロマテラピー占星術」のページに載っています。
メールかお電話にて受け付けております。

尚、10/29のワークショップ及び、これから開催する11/10のベーシックに参加された方を対象に、続編として更に深い内容の「アロマテラピー占星術(Step 2)」を12/15(土) 13:30~16:30に開催予定です。
こちらは料金は¥10,500(オリジナルブレンドオイル作成費込み)。
2~3日中に募集開始いたします。

[PR]
by lagrace | 2007-10-04 00:59