ヒーラーERIKOのワンダフルライフ

lagrace.exblog.jp
ブログトップ

ワークショップ(瞑想会・アロマ占星術)ご報告

先日19日に「アロマテラピー占星術ワークショップ」、22日に「満月瞑想会」を滞りなく終えました。

参加された皆様方、有難うございました。

毎回それぞれに集まる人々のエネルギーが異なり、そんなことも私にとっては興味深く、あらゆる意味で観察欲を刺激されるのですが、今回は、「アロマテラピー占星術ワークショップ」に初の男性参加者(じゃ~ん!!)がありまして、新鮮でございました。

しかも差し入れまで持参してくださって有難うございました!!
あと、瞑想会にも参加されているKさんも差し入れを有難うございました!!

セッションではしばしば男性もいらっしゃいますが、ワークショップ系では初めてでした。
男性も大歓迎ですのよ~。

私がこのワークショップでやっているのは占星術の骨子の部分ですが、最大の目的は「自分自身を知る」ということにあります。
そのためのツールとして客観的な材料になり得るから占星術をあてこんでいるという次第で、占星術自体が目的ではありません。

占星術は非常に解釈の幅が広く、それを通り一遍に本に書いてあるように読んでしまうと、個人を無視したもの、つまりのりとはさみで切って貼り付けたような解釈になってしまうように思います。

基本はやっぱり人で、人は本に書いてあるように通り一遍ではないから、やはり個人個人が自分を自覚しながら自分の内なる部分と対話するように探っていくこと自体が重要で、それが既に自分との対話であるというように私自身は思っています。

だから私のワークショップは「自分自身を自ら知っていきたい。そのプロセスを体験したい。」という人には向いていると思いますが、「自分という人間を誰か教えて!」という人には向いていないかもしれません。

もちろんアドバイスはさせていただきますが、それでもそれは自分探しのヒントであって、絶対視すべきものではないように思います。
基本となる材料、他者からのアドバイスを自分なりに消化して、自分なりの結論に近づいていくのでなければ、自己発見をしていく筋肉、つまり自分の内側を見、知っていく許可は上がらないでしょう。

自分の内側を見るという作業は、自分にとって不都合だと思える自分をも見つめて受け入れていく作業だから、できれば避けたくなるような種類のものかもしれませんが、だけど私自身が実践していて思うのは、自分にとって不都合な自分を見、知ることは、「辛さ」を上回る価値を自分自身に与えてくれるように思います。

それは自分という人間を統合していくプロセスに他ならないし、そのプロセスはあらゆる側面でジャッジを手放すチャンスでもあります。

「アロマテラピー占星術ワークショップ」は知識と創作(オイルのブレンド)と自己発見の3つの柱によって成り立っています。

その手助けとして、ワークショップの最中に参加されている方の透視リーディング情報をお伝えすることもあります。

それは普通にホロスコープを眺めるだけでは発見できないような深いレベルの情報ですが、そのような情報も、ご自身のホロスコープを見る上でヒントにして役立てていただければ幸いです。

それから「満月瞑想会」では、今回も参加者の皆様方でキュートでオリジナリティに溢れたキャンドルを作成させていただきました。(下は参加者の方々が作成したもの)
c0074918_17242090.jpg

もの作りという作業は、見知らぬ者同士でも打ち解けやすいですし、瞑想前の緊張をとくにもちょうどいいのです。
特にここでのキャンドル作成は、技術のあるなしやや上手い下手の優劣をつけるものではありませんし(目的が違いますから)、私自身がジャッジのないような空間作りを心がけるようにしていますから比較的誰でも楽しめるでしょう。

さて、今回のテーマは「内なる子供」。

私が見るところ、内なる子供は人生のあらゆる側面で影響を及ぼしてきます。
特に今回は「親子関係」に焦点をあてた瞑想を行いましたが、これらの要素は結婚観や職業選択、感情を素直に表現できるかどうかなど、人生のあらゆる側面で豊かさの制限となり得る可能性が非常に高いので、重要なテーマです。

キャンドルはひとり2体。
両親のどちらかと小さな子供の自分をイメージして創作していただきました。

参加者の中には日頃父親に対して抱いていたイメージとは異なったキャンドルを作成して、実は自分の内側には父親に対する別のイメージがあったことを発見した人もいたりと、それぞれに創作しながらの発見もあったようです。

バックミュージックにハワイアンをかけていたせいもあってか、今回の参加者の方々が作ったキャンドルはどれも一様に幸せそうに見えるものが多かったように思います。

それと相反して瞑想時には、多くの人が「淋しそうにしている」子供の自分を発見しました。

どなた様も、瞑想会での体験をきっかけに、何かが変わればいいなぁと願っています。

そして後は、様々な想いがつまったキャンドルを燃やしてくださいまし。
未解放の感情を煙にして宇宙に返してしまいましょう。
そして再び純粋なエネルギーとなってあなたの元へチャージされますように。

次回の瞑想会は2/7 19:00~21:30 
その次は2/21 19:00~21:30です。
各回とも参加費は¥4,725(キャンドル作成費込み)です。

いずれも大きなテーマは「内なる子供」ですが、フォーカスする内容はそれぞれ異なります。
まだ参加者は募集中ですので、ご希望の方は公式Webサイトの「アロマテラピー占星術」のご予約方法に従って、メールかお電話にてお申し込みください。
瞑想会は出生データなどの情報は必要ありません。
参加したい希望日とお名前、連絡先をお申し込み時に知らせてください。
[PR]
by lagrace | 2008-01-24 17:22