ヒーラーERIKOのワンダフルライフ

lagrace.exblog.jp
ブログトップ

「満月瞑想会」ご報告

今日は「満月瞑想会」でした。
絶好の満月日和(?)で、本当にクッキリ、キレイなまん丸お月様。
c0074918_25758.jpg

そんな美しい月を眺めながら、優雅に「満月瞑想会」といきたかたのですが、私のうっかりミスで、リーディングのセッションの予約をオーバーブッキング(時々やってしまう)してしまってたせいで、時間が30分ずつずれこんでいったため、満月瞑想会の開始が遅れてしまいました。

本当はキャンドルの灯りと月あかり(部屋から見える)だけの幻想的な雰囲気の中、皆様をお迎えしたかったのですが、幻想的どころか、またしても参加者の皆様総出で準備を手伝ってもらう状態になってしまいましたー。

皆さん、本当にありがとうございました。
皆様のお陰で、今日も楽しい瞑想会となりました。

今回は私の友人が2名参加していたので、当然(?)ふたりは私の手伝い専任のようになってしまい、本当によく働いてくれてありがとう!!
助かったよ~。

このたびは楽しいキャンドル作りがありました。

皆様、楽しんでいただけたことと思います。

これが皆様方の作成したキャンドルです。
c0074918_1452066.jpg

どれも独創的でいいですよね~。
c0074918_146111.jpg

実際に作られた参加者の方々はわかってもらえたと思いますが、思いのほかミツロウは固まるのが早い。
だからゆっくりどんな形にしようとか考えていられない。
さらにやわらかいので、形が思うように整ってくれない。

だからみんな「きゃぁ~、どうしよう~!!」とか「きゃぁ~、大変!!」とか、わー、きゃぁー♪言いながら作っていましたが、そんな姿を見ていると微笑ましかったです。

みんな作っている時は夢中で、とても楽しそうで、波動がどんどんアップしていくのが見て取れました。
人が楽しんでいる時、こんなにもエネルギーは明るくなるんだなぁと改めて思いました。

今回のキャンドル作りのように、考える暇がないということはとてもいいことで、早く作らないとミツロウが固まっちゃうから、「上手く創ろう」とか「私にできるかしら?」とか悩んでいる隙もなく、「もーーーう、やるしかないっ!!」ってなるわけです。

だって考えるより手を動かさなきゃ、ミツロウはどんどん固まってしまうからです。
でもなんだかわからないけど手を動かしていると、勝手に手が何かを形作り始めます。
そしてそれこそが、本当の今の自分自身を表しているものなのです。

人生も同じで、時間がタップリあると、余計なこと考えたり、「上手に完璧にやらなきゃ。」と力みすぎて行動に移すのが怖くなったりするけれど、時間がないと一気に「考え」なんて吹っ飛んじゃって、「とにかくやらなきゃ」となります。

そうすると「できるかしら?」という不安や「よく見せよう。」とかっていう背伸びした邪心も飛んじゃうので、等身大の自分が顔を出します。
完璧主義が吹っ飛ぶ瞬間です。

今日参加されたそれぞれが作ったキャンドルは、皆さん自身の内側の表現されたい何かです。
そして、どれを見ても、それぞれにユニークで愛らしくて、味があります。
ひとつとして同じものは存在しません。
それは個々の表現であり、自分の創造性によって現実化した形なのです。

キャンドル作りの後は、宇宙エネルギーに働きかけ、それぞれの願いが叶うように瞑想を行いました。

このキャンドルに火をともして、そしてキャンドルが燃え尽きた時、自分自身が捨てると決めた古い自分の一部や未解放の感情が解放され、そしてその代わりに新たな豊かさを受け取ることになるでしょう。

さて下のキャンドルは前日に私が作成した私自身のキャンドルです。
c0074918_1462196.jpg

自分で言うのもなんだけど、なんか哀愁が漂っています。

今回は作りながら思わず涙が出てしまいました。
自分でもビックリしてしまいました。

作りながら気づいたのですが、これは過去世から引きずっている「犠牲的精神」「犠牲者」のパターンを封じ込めたキャンドルなのでした。
それは私自身でもあるし、多くの人類が共通して体験してきた犠牲的な悲しみの集合意識でもあります。

この子はみんなの犠牲になっていった・・・
作りながらそんな悲しみとやるせなさが出てきました。
それは人類の歴史の中で多くの人々が色んな意味で犠牲になってきたからこそ、今の私たちの存在があり、今の私たちが進化をし、今の私たちが生きることができるということに対する感謝の想いでもありました。

その犠牲者は、ある時は私であったし、ある時はあなたであったかもしれない。
でも多くの人々がそのような共通の悲しみを共有しています。

かつて過ちを犯し、悔いた人々(魂)がそれを次世代に伝えたから進歩や発展があり、かつて不毛な戦争で亡くなった人たち(魂)がいるから今の生活があり、かつて不治の病で亡くなった人々(魂)がいるからこそ医学の進歩がある・・・

その魂は私であり、そしてあなたでもあるのです。

人は生まれ変わりながら、色んな役を引き受けます。
ある時は賢く気高い人格者だったかもしれない。
ある時は自らが過ちを犯すことによって、誰もが完璧ではないけれども、人は互いに許し許される必要があるということを知った人生だったかもしれない。
ある時は破壊者で、ある時は美の創造者であったかもしれない。

どんな人生を歩んだにせよ、誰かの経験が、誰かの成功が、誰かの過ちが、誰かの犠牲が、誰かの破壊が、誰かの愚かさが、誰かの賢明さが、人々に何かを考えさせ、変化を促し、自分の内側へと接触させる引き金になり、そして今の現実があるのです。

このキャンドルを作りながら、それらの尊い魂たちに(過去の自分も含めて)、感謝をしたいと心から思いました。

火をともすのは淋しく悲しいけれど、人生は続いていくし、人類は進化していくのです。
c0074918_151896.jpg

かつての自分の賢さに、或いは愚かさに、かつての人類の賢さに、或いは愚かさに、すべての喜びと悲劇に、それを引き起こしてきた人類に、すべてに許しを、それでも悩みながらも常に賢明に生きている私たちに、祝福と感謝を。

それが私の満月瞑想にこめた想いでした。

さて皆さんはどんな想いをこめたのでしょうか。


PS 参加してくれたお友達のあつこちゃん、みんなのためにチーズパイを作ってきてくれてありがとう!!
c0074918_253180.jpg

友達のRちゃん、こきつかってごめんね~。快く手伝ってくれてありがとう。
参加者のピアノをやっているSさん、CDをありがとう!!

参加者9名の皆さん、すべての願いが叶いますように。
[PR]
by lagrace | 2007-11-25 01:56