ヒーラーERIKOのワンダフルライフ

lagrace.exblog.jp
ブログトップ

夢からメッセージを受け取る

 新しい年の初めに見る夢といえば「初夢」。
私はここ数年、1年の最初に見る夢にとても注意を払ってきました。
というのもいずれも重要なメッセージを私に伝える予知夢のようなものだったからです。
残念ながらその夢は未来に起こるわくわくしたことではなく、私の周囲に起ころうとしている危機や問題を知らせる警告のようなインパクトの強いものでした。
 目覚めた後も夢で見た映像がずっーーーーとしつこく残りました。
だいたいはもっとはっきりと何を誰に告げているのかがわかるのですが、この夢には少し謎がありました。
明らかに何か危険な(物事及び人)が迫りつつあることを告げていましたが、それが誰に対してで具体的にどこからやってくるのかが不明瞭でした。
ですから注意を払ってはいても具体的な対策はとれませんでした。
 結局その夢の謎が解けたのはもっと後になってからでした。 
その夢の話を私がお世話になったある人にした時に、その人が「それはその頃に私に起こっていたことだわ。」と言ったからです。
c0074918_18484142.jpg



私は自分に関係のある人に起こっていたことを見ていたのでした。
 別の年のはじめにもその夢と似たようなものを見たのですが、最悪の危機は脱したように見えました。
果たして今年は・・・・そんな思いで1年の始まりを迎えました。
でも幸い、今年はその警告夢を見ることはありませんでした。

 私はこれまでも離れている家族や大事な人、何年も会っていない友人や知人などに関する情報を夢で見ることがありました。それは特に1年の始まりに限らず毎日見る夢の中でです。
自分自身に近日中に起こる未来を見たこともあれば、過去世に関する夢、自分のチャクラの問題に夢で気づいたこともありました。友人の周囲にいる一見信頼できそうに見える人物が実は裏切ろうとしているということも夢で見たことがありました(その後実際に裏切りが起こりました)。
夢の中で今後についての家族会議をしていることもありました。
 夢は私に重要なメッセージを伝えてくれるツールのひとつなのです。

 そして実は多くの人が夢でメッセージを受け取っているのに、それを覚えてはいないのです。
夢は潜在意識からのメッセージ。
私たちは日中、自分が意識できている以上の情報をキャッチしています。
いわゆる目に見えない情報も含めてです。
 さらに言えば私たちの本質は霊的な存在で、エネルギー体は肉体を抜けて自由に遠くへ瞬時に行くことができます。私たちは睡眠をとっている間、肉体を抜け、アストラル界へ旅をします。
私自身、いつもそれらのことを覚えているわけではありませんが、自分が肉体を抜け、宙を浮いてあちこちへ様子を見に行っているのを覚えている(認識している)ことがあります。
本当に瞬時に移動できます。(もちろんゆっくり動くこともできます)
これは夢とはまた別の話ですが。
何より興味深いのは、その状態を体験している最中に、肉体に戻って目覚めた時にもこのことをちゃんと覚えていられるようにと強く思ったことです。

 話を夢に戻しますと、メッセージ性の強い夢の場合はだいたいそうなのですが、その夢を見ている時に「これは大事な夢だ。覚えていなきゃ!」と思っているから不思議です。
感覚としては深い催眠状態みたいな感じで、夢を見ていることをちゃんと自分が認識しているといえばよいのでしょうか。
しかも映像が鮮明で、強く印象に残ることが多いですね。

 鮮明な夢を見る人、そうでない人、白黒の夢を見る人、カラーの夢を見る人、色々あるとは思いますが、その多くが目覚めた後に忘れ去られてしまっているのは残念なことです。
毎日見ている夢の中に知りたいと思っている情報があるかもしれないのですから。

 そのようなわけで明日は夢からメッセージを受け取りやすくする秘訣を書いてみたいと思います。
[PR]
by lagrace | 2014-01-05 18:58 | 2015年以前のブログ